仕事でコミュニケーション能力がない人の5つの特徴

どんな場所でもコミュニケーションは大事になってきますが、中には苦手な人もいます。そういう人のことを巷では「コミュ障」と言われてはいますが、そもそもコミュニケーションの能力が低いのには何らかの原因があるかもしれません。

その原因や理由を見つけないままでいるといつまでたっても向上せず、「コミュ障」のままになってしまうのではないでしょうか?

特に仕事場では職場の人やお客さん、取引先と話す場が多いため、そのまま放置してしまうと仕事にも影響してしまいます。

そうならないためにコミュニケーション能力が低い原因を理解し、改善するようにしましょう。今回はコミュニケーション能力が低い人に共通する原因や特徴を紹介していきます。

コミュニケーション能力がない人の5つの特徴とは?

自分から話そうとしない

あまりしゃべらない人は、自分から話題を振ったり、話したりすることが苦手です。どうしても自分から話そうとしないので相手から話しかけるチャンスをうかがったり、待ってたりしてしまいます。これでは、いつまでたっても会話することができません。

この人たちの心境としては「自分が話すことがつまらなかったらどうしよう」「相手がちゃんと聞いてくれるのか」と相手の反応を気にしてしまいます。おそらく、相手を優先してしまうあまり遠慮してしまい、話さなくなってしまうのでしょう。そうやって気にしているうちに段々話す機会から遠ざかってしまうのです。

これではいつまでたってもコミュニケーション能力が向上しませんよね。コミュニケーションを向上させるには場数を踏んで話す機会を増やしていかないといけません。

何度か話をしていくうちに自分の話し方のパターンが見えてきます。それに気づくことが向上の第一歩なのですが、自分から話さない人は話す機会が少ないため、いつまでたっても向上しないのです。

自分から話すことはそれなりのリスクがありますが、なにか失礼なことを言わない限り相手は自分を嫌いになることはありません。相手側も聞く姿勢があればどんな話をしてもきちんと聞いてくれますし、話もしてくれます。

なのであまりリスクを恐れずに自分から話すことを挑戦してみましょう。コミュニケーション能力の向上は自分から意識を変えない限り上達はしません。自分から変えようという姿勢があれば変わっていけるのです。

話す場から遠ざかる

話すのが苦手な人ほど話す場から遠ざかってしまいます。それは先ほど書いたリスクのことを気にしているからです。

「もし、つまらない話だったらどうしよう」「周りが静まり返ったらどうしよう」と話す前からそのようなことばかり気にしているのです。そうやって気にしていたら気軽に話せませんよね。

仕事になると飲み会の場が増えてきます。職場の上司、同僚との飲み会が増えていくかと思いますがそういった場に行かなくなってしまうのです。たとえ、自分に飲みを誘ってくれたとしても遠慮してしまったり、プライベートが大事だからと仕事が終わったらすぐに帰ってしまいます。

それでは一向に上達はしません。相手がもし自分を誘ってくれたとしたらそれは自分と話がしたいと思っての誘いなのかもしれません。その思いを無視してしまうといつしか誰も飲みに誘わなくなってしまうでしょう。

私もどちらかというと飲み会という場は苦手ではありますが、最近では自分から出向くようにしています。

今まで誘いを断ってきた経験からわかるのは誘いを断っていたらいつしか誘いが来なくなるということです。相手は善意で自分を誘っていたことは理解していても自分のコミュニケーション不足を理由に誘いを断ってしまったのです。

そうしていては当然のことながら相手に愛想をなくされてしまいます。この経験があったからこそ今では誘いを断らずに積極的に参加するようになりました。そうしていくうちにいつの間にか苦手意識もなくなり、飲み会の場でも難なくしゃべれるようになりました。

コミュニケーションが苦手な人は、しゃべることが苦手ということを盾にして断ってしまうのです。しかし、それでは何も変わりません。そのことに気づかない限りいつまでたっても向上することはないのです。

人の話をきちん聞くのが苦手

会話は一対一でするものなので相手の話をきちんと聞かないことはタブーです。どうしてもこのような人には相手の話をきちんと聞かない傾向があります。

自分が話すことを最優先にしてしまい、相手の話を聞かないことと相手の話を受け入れられないことがあります。自分の話に夢中になる事はわからなくもないですが、相手の反応も見ながら話すようにしましょう。

自分のことばかり優先してしまうと相手と意志疎通ができなくなってしまいます。会話は一対一の関係ですのでどちらかが優先することはありません。そのことを理解していただけると自分を優先することはなくなるかと思います。

もう一つの相手の話を受け入れないことも会話を成り立たせない要素です。相手の話をきちんと受け入れて話すことはかまわないのですが、相手の意見を無視したり、時に反論してしまうと相手側も話しづらくなってしまうでしょう。

そうならないためにもここで書いたことに注意をして相手の気持ちや態度をきちんと理解しコミュニケーションを取るようにしましょう。

スポンサードリンク



自分語りが増えてしまう

自分で「人と話すのが得意」という人に限ってのことですが、自分語りが多いように感じます。自分の意見を語る事は良いことではありますが限度というものがあります。

これは、会話をしているつもりになっているのかもしれません。たとえば、上司との飲み会の場で上司から一方的にしゃべっている場面を想像してみてください。この場面を想像して果たしてコミュニケーションを取っているといえるでしょうか?

自分の後輩に向かってひたすら自分の意見や自慢話ばかりをしゃべる、、、これは単なる自分語りですよね。

しゃべっている本人は満足がいくように感じていますが、聞いている人にとっては話した感覚がなく、むしろうんざりしているかもしれません。これはコミュニケーションではなくただ語っているだけです。

人と話している気になってしまうと話している気になるので自分語りの癖が染み付いてしまいます。そうならないためにも相手の話すことを聞いたりするべきなのです。

何を話していいのかわからなくなる

OOK86_kianubocchi20150112162321-thumb-815xauto-12439

そもそもの苦手な原因として何を話していいのかわからないという問題があります。会話はその場で話をしないといけないので考える暇がないのです。そのため次に何を話していいのかわからなくなり、黙ってしまい会話を閉ざしてしまうのです。

ここが会話の難しいところではありますが、ある一工夫をしていただけると対処できるでしょう。それは相手の好きなことを聞き出すことです。

たとえば、会話が途切れそうなときに相手の趣味を聞き出してみてはどうでしょうか?もし上司の方が車が趣味だったとしましょう。私ならどんな車に乗っているのか?最近はどこに出かけたのか?等、車のことに関して質問します。そうしたら質問を受けた上司は嬉しそうに車に関して詳しく語り始めるでしょう。

当然、自分の好きなことを相手に話したい感情はどんな人にもあります。自分のことを理解してほしいという欲求はどんな人にもあるものです。

しかし、ここでひとつ注意が必要なのが相手の話をきちんと聞くということです。先ほどコミュニケーションが苦手な人の特徴として「人の話を聞くのが苦手」と書きました。この姿勢がある段階で相手の好きな話を聞いたとしても次にどんなことを質問すればいいのかわからなくなってしまいます。

そこで、まずはこのテクニックを活用する前に人の話を聞く姿勢を身に着けなければいけません。これはコミュニケーションを何度かこなしていくうちに身につくので安心してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コミュニケーション能力が低いのはこれらの原因があるからではないでしょうか?おそらく、自分でコミュニケーションが低いと思っている人は自分に自信がないのかもしれません。

自信があればコミュニティーの場にも参加できますし、自分から話を振る事もできるでしょう。コミュニケーションは私たちが生きてきた中で培っていくスキルです。幼少時代や学生時代に人と話さなかったり、人を避けてきたりすると大人になってもコミュニケーションがうまく取れなくなってしまいます。

だからと言って成人した人は諦めろというのではなく、むしろ改善できるものでもあるのです。この記事を読んでいただいて、もしコミュニケーション能力がないことに気が付いたならそれを治せばいいだけの話です。

これは気付かないと何も改善できないので自分でまずは意識、理解し受け入れていくのが大切なんだと思います。

なにもコミュニケーションが取れないのは才能がないからではありません。自分で気付かなくて治そうとしないからいつまでたっても改善できないのです。なので、きちんと今の現状を受け入れてコミュニケーション能力の改善をしていきましょう。

私も学生時代は比較的しゃべることが苦手でした。部活やサークルなどの集団でしゃべることが苦手で、自分にはしゃべる才能がないんだと思い込んでいました。

しかし、成人してこの記事に書いたような特徴に気づき、改善していくと段々としゃべれるようになったのです。それは、自分できちんと自覚し、改善しようと思ったからでしょう。

そうやって自分のコミュニケーション能力のなさを理解したら今度は人がいるコミュニティーに参加するようになりました。コミュニケーション能力を身に着けるため、自分から足を運んだのです。

コミュニケーションができないと悩む暇があるのなら勇気を出してコミュニティーの場に参加してみるようにしましょう。この能力を上げるのには場数を踏むしかないと思います。そうやって少しずつ改善していくと難なくしゃべることができるようになるでしょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す