仕事、プライベートでコミュニケーション能力を向上させる3つの基礎、テクニックとは?

コミュニケーションは人とのつながりを結びつける大事なスキルです。

仕事やプライベートなど関係なしに人とのコミュニケーションは欠かせないものとなっています。

しかし、意外にも多くの方がコミュニケーションを取ることが苦手なようで、

上手く話せないなんて方は少なくはありません。

しかし、それはコミュニケーションの取り方がわからないだけで、その人の元々の性格に問題があるというわけではありません。

なので、今回はコミュニケーション能力を向上させ、話し上手になる方法を紹介していきます。

では、見ていきましょう。

スポンサードリンク



コミュニケーション能力とは?

多くの人が「コミュニケーション能力を向上させたい」と思うのですが、そもそもコミュニケーション能力とは何なのでしょうか?

仕事場やビジネスでは

「社会人でコミュニケーションができなかったら成功しない」とか

プライベートだと

「コミュニケーションが取れなかったら人間関係をうまく構築できない」など言われたりしますね。

確かにコミュニケーションは人とかかわる上では大事なものです。

そんなことを言われるとコミュニケーションは生まれてきた性格や育ってきた段階で身に着ける技術が必要などいろいろと難しく考えてしまいますよね、、、

ただそんな難しいことを考えて、コミュニケーションを向上させる本や講座に参加したからといってすぐに身につくものでもありません。

そこで、これからコミュニケーション能力を向上させる方法を紹介していくわけですが、その前にいくつか基礎的なポイントを紹介していきます。

それは以下のものです。

  • 環境を考える
  • 言葉、口調
  • 表情、雰囲気

当たり前すぎて気にしなかった方も多いかと思いますが、これらをしっかり押さえていないとコミュニケーションの向上方法を身に着けたところで実践ではうまくいきません。

ただこれだけを最低限身に着けることである程度は改善されるかと思います。

ではこれらを詳しく見ていきましょう。

コミュニケーション能力に大事なテクニック

環境を考える

環境を考えるとはその場ではどういったコミュニケーションを取るべきなのかということです。

それが職場なのか取引先の相手なのか、、、

それともプライベート?

その場でどんなコミュニケーションをとるべきなのか判断しなくてはいけません。

仕事とプライベートでは対応の仕方も異なります。

それを理解しないと相手に失礼な対応をしてしまったりするなんてことになってしまいます。

言葉、口調

言葉や話し方はコミュニケーションのメインになってきますが、そこまで難しく考えなくても大丈夫です。

この前に書いた「環境を考えること」を前提にその場でどういった話し方をすればいいのかを考えていけばいいのです。

職場の上司だったら失礼のないような話し方をしたり、プライベートだったら頑なな対応をしないなど

その場でどういった対応、話し方をすればいいのかを気をつけていきましょう。

表情、雰囲気

人は話をする前に見た目や雰囲気でどういった人なのかを読み取る傾向にあります。

何も見た目がすべてというわけではないのですが、ただ表情や雰囲気はどんな方でも変えることができます。

例えば、就職の面接では髪型を整えてから面接に向かうかと思います。

それは面接官が見た目、雰囲気も考慮して判断していることをご存知だからでしょう。

もし、髪が寝癖のついたままの状態の人と髪型がきっちり整った人が並んだ時、どちらのほうが仕事ができる人に思えるでしょうか?

他にも表情が豊かな人と無表情の人とではどちらと話がしたいと思うようになるでしょうか?

人は表情、雰囲気も気にしているので時には表情を豊にしたりすることも大事になってきます。

スポンサードリンク



コミュニケーションを向上させる3つの方法

ここまで基礎になるポイントを紹介していきましたが、これからご紹介するコミュニケーションを向上させる方法は仕事やプライベート関係なしに使えるテクニックになってきます。

では具体的にどんなものなのか紹介していきます。

自分語りは少なめに

どうしてもコミュニケーションが取れる人は自分語りが多いイメージをしてしまいますが、そうではありません。

コミュニケーションが上手な人というのはある程度で抑える傾向にあります。

確かに自分のことを話すのは自己開示のために必要なことです。

自己開示をしなければ相手も心を開いてくれないのは心理学上でも明らかになっています。

これは心理学でいう「返報性の原理」のことで人から何か施しを受けた場合、お返しをしなければと思ってしまう心理です。

なのである程度の自己開示は大事なのですが、それが自分語りに発展してしまうと相手側もうんざりしてしまうでしょう。

自分語りは相手を置き去りにしている状態です。

その状態では、相手から信頼性を貰えないので自分語りは程々に抑えていきましょう。

相手の話をよく聞く

ことわざに「話上手は聞き上手」というのがあります。

このことわざのようにコミュニケーションは話すだけでなく聞くことも大事です。

相手が「自分の話をよく聞いてくれる」と思っているときほど

自分を受け入れてくれているという心情にあります。

そして、その話に対して自分の答えや感想を交えるだけで会話は成立しているのです。

なので、頭の片隅に「話し上手は聞き上手」ということわざを覚えておくと、聞く姿勢もできていくでしょう。

相手の話を聞き出す

先ほど「話し上手は聞き上手」ということをお伝えしました。

確かに相手の話を聞くことは大事ですが、それと同時に相手の話を聞き出すことも必要になってきます。

そのためには相手のことをよく知ろうとする努力が必要になるわけです。

相手のことをよくわからない状態で話を進めることはとても困難です。

なので、意識して相手がどういった人物なのか、何が好きなのかなど、相手の情報を理解するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はコミュニケーションに関する基礎的なことや向上するためのテクニックをいくつか紹介していきました。

コミュニケーションを向上させるにはいくつか意識しなければいけません。

しかし、あまり難しく考えずにとにかく実践を繰り返していくとうまく会話することができるようになります。

やはり、コミュニケーションも練習が必要です。

一つ一つの努力を重ねるうちに話し上手になりますので、恐れずに実践するようにしましょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す