コミュニケーション能力を効果的に鍛える6つの方法とは?

コミュニケーションは、私生活だけでなく、仕事やビジネスにおいても大事なものですよね。

まさに、人生をより良くするためにも欠かせないスキルとも言えますが、実際のところコミュニケーションがなかなかうまくできない、苦手という方も多いのではないでしょうか。

ただ、コミュニケーション能力を飛躍的に向上させる方法もなかなか見つからなくて悩んでいる方も多いかと思います。

そこで今回は、コミュニケーション能力を効率よく鍛えられる方法をいくつか紹介していきます。

スポンサードリンク



コミュニケーション能力を効果的に鍛える6つの方法

さて、コミュニケーション能力を鍛える方法をいくつか紹介していきますが、やはり苦手なものを克服するにはそれ相応の努力が必要です。

ただ、コミュニケーションが苦手な方はどうしても苦手意識を持ってしまうため、「自分はコミュニケーションができない」「コミュニケーション能力が低い」と思い込んでしまう傾向にあります。

ですが、コミュニケーションは繰り返し鍛えることにより、徐々に慣れていくものなので、あまり深く考えずに鍛え方を参考にしてみてください。

相手の話をきちんと聞く

「話上手より聞き上手」という言葉がある通り、話し上手になる前に聞き上手になる事から始めてみましょう。

確かに、コミュニケーションはお互いに話し合う事なので、自分から積極的にコミュニケーションをとる事は大事です。

ですが、円滑にコミュニケーションをとるとなるとその分、話題や会話の材料が必要になってきます。

そのためにはやはり相手の話にしっかり耳を傾けたりする必要があり、それからコミュニケーションを広げていくのが一番効率良く効果的な方法となります。

コミュニケーションが苦手な方はどうしても自分から何か話の話題を広げないといけないと考えがちですが、相手の意見から話を広げることの方が円滑なコミュニケーションを進めていく上では重要です。

なので、まずは話のネタを見つける努力をする前に、相手の話をよく聞き、その中から話を広げてみる事から始めてみましょう。

相手の気持ちを考える

コミュニケーションを鍛えるには相手の気持ちを考える事も効果的です。

日常会話を含め、会話の中で相手の気持ちを考えながら話をすると、コミュニケーション能力がかなり鍛えられます。

また、会話の内容がなくて困ってしまった時も相手の気持ちを考えればどういった事を話せばいいのか、相手が喜ぶのかが自然と分かってきます。

なので、相手の気持ちをより具体的に考える事ができれば、コミュニケーションもスムーズに運べることができます。

スポンサードリンク




相手を褒める事は忘れない

コミュニケーションをよりよくするためには、お互いに尊重しあう事を忘れてはいけません。

お互いに尊重しあえる関係に発展できるようになれば、良い人間関係を築けるようになるので、相手の良いところは褒めるようにしましょう。

実際に相手から褒められて嫌な気持ちになる人はいません。むしろ、子供から大人まで褒められたら嬉しいと感じる人の方が多いです。

さらに、褒めることで相手に興味を持っていることを伝える事ができますし、褒めたことでコミュニケーションが発展する事もよくあります。
なので、あまり恥ずかしがらず相手の良いところは素直に褒めるようにしましょう。

より具体的に話を広げる

相手の会話の内容から話を広げる事もコミュニケーション能力がよく鍛えられます。

それに加え、自分の話した会話の内容からより具体的に話を広げる事も効果的です。

例えば、洋服を買った話であれば「どこのブランドなのか」「どこのお店でかったものなのか」「いくらしたのか」等、様々な方向から話を広げることができます。

これは自分の会話の内容を広げるだけでなく、相手にも同じように質問をして話を広げる事はできます。

何も洋服の話だけでなく、仕事も私生活もプライベートなことでも話を広げる方法はたくさんあります。

なので、話を具体的にする工夫や努力を常日頃の会話の中で考えていくと、自然とコミュニケーション能力が鍛えることができるでしょう。

最初は難しいと感じる方は、まずは相手の話を具体的に掘り下げてみる努力をするといいでしょう。

先ほども書いた通り、相手の話の内容をきちんと聞いているのであれば、いろんな切り口から相手に質問をすることができます。

また、相手にいろんな観点から質問ができるようになれば、相手に興味や関心がある事が伝えられますので、慣れていない方は相手の話を広げてみる事から始めてみましょう。

あいづちをする

コミュニケーションの中にリアクション、つまり「相槌」を入れてみる事も大事です。

ただ、ないがしろに相槌をすればいいというわけではなく、なるべく相槌をするのであれば共感を得られるものにするといいでしょう。

例えば、相手の話を聞いて「そうなんだ」「わかった」と相槌をしてしまうと、「自分の話に興味がないのかな」と相手側を不安な気持ちにさせてしまいます。
なので、そこは相手の話に共感、理解することがわかるような「私も同じです」「面白いですね」「よくわかります」といった相槌の方が相手を不安な気持ちにさせず、コミュニケーションを円滑に進むことができます。

相槌には、共感を得られるものからそうでないものもあるので、会話の中でうまく活用することができるようになればコミュニケーション能力も効果的に鍛えることができるでしょう。

挨拶はきちんとする

やはりコミュニケーションをとる上では挨拶は欠かせません。

簡単なことではありますが、きちんと挨拶をするかしないかによって相手からの印象も変わってきます。

なので、コミュニケーションを鍛えるには先ずは挨拶をきちんとすることから心がけましょう。

しっかりとした挨拶ができるようになれば初対面の人でも円滑なコミュニケーションへと繋がるため、挨拶はしっかりとする必要があります。

また、初めの挨拶で相手の印象がほぼ分かると言っても過言ではないため、印象をよくするためにも積極的にはっきりと挨拶をするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コミュニケーション能力を高めるにはある程度、慣れも必要ですし、改善する努力も必要です。

ですが、今回紹介した方法は比較的どれも難しいものではないと思いますので、普段の会話から仕事、ビジネスといった場で取り入れてみてはいかがでしょうか。

コミュニケーションは会話のキャッチボールとも言われています。キャッチボールがうまくなるには相手に取りやすい球を投げる工夫が必要です。

コミュニケーションを鍛える事も同じく、相手の話をよく聞き、よく考え、どういった返事をすればいいのかを具体的に考える事で会話のキャッチボールが円滑にできるようになりますので、普段の会話に一工夫いれてみる努力をするようにしましょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す