コミュニケーション能力が低下してしまう原因を具体的に紹介

近年、若者を中心にコミュニケーション能力の低下が囁かれていますよね。今ではニュースで取り上げられるほどですので、一種の社会問題として注目されています。

コミュニケーション障害を略した「コミュ症」という言葉が生まれるくらいですから、コミュニケーションについて真剣に考える人が増えてきている事がわかります。

ですが、実際に問題提起される話題ではあるものの、どういった事が原因なのかを掘り下げる機会が少ないのが現状です。

また、若者を中心にコミュニケーション能力の低下が囁かれていますが、若者だけがコミュニケーション能力が低いのか、環境に原因があるのではないか、等考えれば考えるほど原因と思い当たる節は見つかるかもしれません。

そこで今回は、コミュニケーション能力が低下する原因をいくつかまとめてみました。

スポンサードリンク



コミュニケーション能力が低下する原因

コミュニケーションが低下する原因として「環境」が一番の原因であると考えられます。

例えば、急速なインターネット環境の普及や人と接する機会の低下といった環境的な要因がコミュニケーションの低下を招いているのかもしれません。それだけでなく、価値観の変化や生活環境の変化なども考えます。

ですが、私たちが普段やってしまう習慣によってコミュニケーション能力が低下している事も考えられるので、一概にどれが原因なのかを特定する事はなかなか難しい事です。

なので、いろんな側面から低下の原因が考えられますので、ここでは環境等の広い面から習慣といった狭い側面までいろいろな視野から紹介していきます。

実はSNSがコミュニケーション低下の原因?

今ではツイッターやフェイスブックが流行っており、多くの人がSNSを活用している事でしょう。

SNSでは日常の出来事はもちろんの事、価値観の合う人と繋がりあったり、日頃の不満を打ち明けたり等、コミュニケーションツールとして便利な機能が様々ありますよね。
ですが、その便利すぎる機能であるが故に、コミュニケーションの低下の基になっているのかもしれません。

というのも、コミュニケーションとは本来、会話のキャッチボールのようなものです。

コミュニケーションは本来、お互いに顔を合わせて話し合う事ですが、SNSでは文章を打てば、多くの人から共感を得る事ができますので、顔を合わせなくても遠くの人と価値観を共有する事ができます。

ただ、共感する人は多く見つかる側面、会話をする機会がないので、顔を合わせてコミュニケーションを取る事が難しいです。

また、文章だけでなく、スタンプや写真をアップできるのもSNSならではのサービスですが、文章、スタンプ、写真では相手の気持ちを理解し合うのも難しいかと思います。

なので、遠くの人と繋がれる機会は増えても、対面してコミュニケーションを取る機会が減ってしまうのがSNSの弱点ともいえるかもしれません。

コミュニケーションの機会が減少

SNSでコミュニケーションの機会が減少している事もありますが、そもそも気軽にコミュニケーションが取れる機会そのものがなくなりつつあります。

例えば、ひと昔前までは近所づきあいはよく見られました。朝、顔を合わせたらお互いに挨拶をしたり、たまに立ち話をしたりと、近くの人とコミュニケーションを取る事は自然な光景だったのかもしれません。

もちろん、今でも近所付き合いがある方もいるかと思いますが、どちらかというと若年層より年配の方のほうに近所付き合いがあるといった感じではないでしょうか。

なので、環境的な要因から気軽にコミュニケーションを取る機会そのものが減っているのかもしれません。

スポンサードリンク




コミュニケーションすることに失敗を恐れてしまう

本来、コミュニケーションには何かしらトラブルがつきものです。

どんなに仲の良い相手でも喧嘩に発展してしまったり、価値観が合わなかったりすることはよくある事でしょう。

ですが、今の若い世代は初めから失敗を恐れてしまう傾向にあるため、なかなかチャレンジをしない人が増えています。

なので、コミュニケーションで失敗を恐れてしまうあまり、多くの人と顔を合わせる事をしないことに繋がるのです。

その結果、いつの間にか人間関係に苦手意識を持ってしまい、ますますコミュニケーションを取る事が減ってきてしまう事が考えられます。

1人でいる方が楽と考える人が増えている

先ほど書いた「失敗を恐れてしまう」ことに繋がりますが、人間関係にトラブル等により「一人でいる方が気楽」と考える人が増えています。

確かに、人間関係には何かしらトラブルが付き物ですし、相手に気を使う事もありますので、一人でいる方が楽という考えはよく理解できます。

ですが、その考えが中心だとコミュニケーションの低下につながる可能性があるので、より良い人間関係を築いていくのであれば、ある程度距離感を持ちつつ、コミュニケーションを取る事が賢明かと思います。

本音が言えず建前でのコミュニケーション

本音がなかなか言えず、どうしても建前でのコミュニケーションを取ってしまう方は多いのではないでしょうか。

仕事での人間関係ではどうしても建前でのコミュニケーションになってしまいがちですが、プライベートな関係でも本音が言えず建前の会話になってしまうと気疲れしてしまいます。

人間関係に気を使いすぎて疲れてしまうと、「一人でいる方が楽」といった考えにつながってしまうため、本音と建前はなるべく上手く使い分ける必要があるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コミュニケーション能力が低下する原因についていくつか紹介していきましたが、原因に関しては生活環境の変化から価値観の変化まで様々な要因が考えられますので、明確な原因を特定する事はなかなか難しいです。

ですが、もしコミュニケーションを取る機会が減ってきたり、コミュニケーション能力がないと感じたりしている方は、まずはどういった習慣、行動、考えが引き金になっているのかを考え、改善していく必要があります。

コミュニケーション能力を高めるには失敗を繰り返し、修正しチャレンジしていくことが大事です。これはどんなことにも言える話です。

なので、コミュニケーション能力が低いからとあまり深く悩まず、いろいろチャレンジをしていくことをおすすめします。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す