孤独感、疎外感、劣等感を克服する方法とは?孤独感が強い人の原因から克服法まで紹介していきます。

孤独感、疎外感には二つ種類があります。

  1. 一人でいるとき孤独感、疎外感を感じるのか
  2. 集団の中にいるとき孤独感、疎外感を感じてしまうのか

これらはふとしたときに感じてしまうことがあり、恋人がいたり友人が多い方でも漠然とした孤独感に襲われてしまうことがあります。

孤独という不安が自分をむしばんでしまうことは確かですがその原因を突き止めてみると必然的に孤独感、疎外感が解消できるものです。そこで今回は孤独感、疎外感を克服する方法を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



自己分析をして孤独感、疎外感の原因、特徴を考える

克服法を紹介する前に孤独を感じてしまう原因を突き止める必要があります。そのためにはまず自己分析をしていただく必要があります。

孤独に感じてしまうのには何らかの癖があると思うのです。その自分の癖を見つけるのには自分の行動、態度、習慣をしっかりと理解し改善していく必要があります。

そこで今回は私なりに考えた原因や特徴を書いていきますのでもしよかったらそれを自分に当てはめてみてください。おそらく自分で無意識にしている特徴が見えてきますのでまずは自己分析をしてみて原因を見つけていきましょう。

心配

孤独感が強い2つの原因とは?

言葉や言動、態度をチェックする

孤独感、疎外感というのは自分が勝手に感じてしまうものではありますがもしかしたら自分の言葉や態度によって相手が避けてしまう場合もあります。

もし自分が失礼な態度や言動をしていたら相手にとっては嫌な気持ちになりますよね。いま一度自分の日々の様子を気をつけてみると相手が避けてしまう心配もなくなるでしょう。

たとえば、初対面の人に暗く「はじめまして」と挨拶するのと元気よく大きな声で「はじめまして」と挨拶するのとでは印象がだいぶ違ってきます。

挨拶はコミュニケーションをとる際に大事なことでもあるので自分なりに工夫するといいかもしれません。

言動や態度というのは無意識に取ってしまう行動なのでいつの間にか相手を怒らせたりイライラさせたりすることはあるのかもしれません。しかし、無理をして治す必要もなく気が付いたら治す程度でいいと思います。

どうしても自分の性格に合わない人というのは大勢います。それを無理して相手に合わせることは精神的に疲れてしまうでしょう。

かといって失礼なことを言っていいのかというとそうではありません。相手の反応を確認して自分の言動、態度をチェックすると相手とのコミュニケーションもうまくいくことでしょう。

孤独を気にしてしまう

孤独というとみなさんはどんな印象をお持ちでしょうか?もしかしたら寂しい人だとか惨めだなというふうに感じるかもしれません。

でも、果たしてそうなのでしょうか?おそらくそういうふうに感じてしまう方は周りの目を気にしすぎているのかもしれません。

たとえば目の前に親しい友人がいたとしてその人は社交的で人気者であったとします。その姿をみてみなさんはどう思うでしょうか?おそらく社交的でない方にとっては羨ましいと思うかもしれません。

しかし、集団行動が苦手な方にとっては和の中に入ることは精神的に疲れてしまいます。もしかしたら集団にいるときに孤独感や疎外感を感じてしまうかもしれません。そういう方の特徴としては少人数で友人をつくることは割かし苦ではないかと思います。

なにも無理して集団に溶け込む必要もなく友人が少ないからといって孤独を気にする必要もないのです。自分にあった人間関係の築き方というのをしっかり理解すると孤独を気にすることも少なくなっていきます。

スポンサードリンク



孤独感とうまく付き合う3つの方法

自分の好きなことをする

孤独感があるときというのはどうしてもそのことだけに集中してしまいいつの間にか不安や恐怖を感じてしまうものです。

しかし、自分の好きなことをしているときというのは孤独を感じずに済みます。それは好きなことに集中しているからです。

好きなことをすることは気分転換になりますので落ち込んだ際には自分の趣味なり好きな場所に行ってみるなりしてみるといいでしょう。

孤独感というのは突然現れるものです。でも、少し気をそらすだけで孤独からくる不安や恐怖を気にしなくなります。孤独感を感じるときというのは一人の時が多いのです。

しかし、親しい友人とおしゃべりをしているときというのは、話をしていることに集中しているため、孤独感を感じることはないかと思います。

そして、孤独感を感じて悩んでしまうことに答えはありません。ただ不安や恐怖を増幅させるだけなので、悩むことになんの意味もないのです。

このことを理解していると孤独感を感じた際には孤独感を瞬時に察知でき、それを反らすように対処することができるのです。孤独感を感じたら気を反らすことをしてみると不安や恐怖もなくなるでしょう。

体を動かす、運動をする

孤独感に限らず悩みというのはそのことだけに力を注いでいます。孤独を感じて悩むことも孤独感というものだけに集中し神経をすり減らしてしまうため精神的に疲れてしまうのです。

その負の感情を運動することにぶつけてみてはいかがでしょうか?外に出て日差しを浴びながら散歩なりランニングなりすると気分転換になります。孤独感を感じてしまうときというのはどうしても一人でいることときに感じてしまうことが多いです。

一人でいるときだからこそ悩む時間が確保できるのでその悩むことに力を注いでしまうのです。その時間を有効活用して悩むことに体力や精神を使うのではなく運動や体を動かすことに力を注いではいかがでしょう。

少し体を動かすだけで達成感と適度な疲労感を覚えますので家に帰宅すると孤独感を感じることなんか忘れているかもしれません。

孤独感を感じるときこそ積極的に行動をする

行動

どうしても孤独感を感じてしまう方の中には自発的に行動するということが苦手な方が多いと思います。

初めて行動することというのは精神的にも肉体的にも力がいるものです。積極的に行動するということはとても体力を使うことなので行動することが苦手な方は悩むことに力を注ぎがちなのです。

でも、悩むことで解決することはとても少ないのです。孤独感を感じてしまい悩むことは答えのない問題を永遠に考えていることと同じなのです。そのため、孤独感を感じている時こそ気を紛らすために積極的に行動すべきなのです。

たとえば、運動をする、本を読む、好きな音楽を聴く、親しい友人に会う等積極的に行動することで孤独感を紛らすことはたくさんあるのです。気を紛らすことは何も孤独感を感じたときに使うものではなく落ち込んだり、気分が悪かった時には効果的です。

孤独感を感じて悩むことはとても苦しいことです。苦しいことをどんなに悩んでも苦しいことに変わりがありません。

なら自分が好きなことをして気を紛らしたほうがとても有意義に過ごせると思うのです。とにかく孤独感を感じたときこそ悩まずに気を紛らすために積極的に行動してみてはいかがでしょうか?

まとめ

孤独感というのはどんな方でも感じるものです。たとえ友人が多い方でも恋人がいる方でも漠然とした孤独感に悩むことはあります。

私が思うに孤独感を感じることは人間の本能なのかもしれません。孤独感というとマイナスなイメージを持つものですがどんな人でも感じると理解しているとなんだか安心してくるかと思います。

そしてこの記事で書いた克服法を試していただいても完全に孤独感が消えることはないと思います。一時孤独を感じなくなってもまた時間が経てば孤独に悩まされる日が来るかもしれません。

なら、孤独を恐れずにうまく付き合っていく姿勢やマインドを持っていると悩まされることも少なくなります。孤独感というのは解決できない悩みです。でも自分が孤独に恐怖を覚えなくなってくると自然に孤独感が消えていくと思います。

今回書いた方法というのはどれも気を紛らすものです。孤独感の根本となる原因を探して解決策を考えるのではなくしっかりと自分の悪い癖を見つけていただいたり、その癖を改善していただく方法です。

孤独を真剣に考えずにどうやってうまく付き合っていくのか、気を紛らすことができるのかを考えるほうが孤独を感じずに済むのです。なので孤独をマイナスなイメージにするのではなく自己成長できると考えてプラスなイメージを持つといいでしょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す