気を使いすぎる人に共通する性格や心理とは?

仕事でもプライベートでも人に気を使いすぎて疲れてはいませんか?

人に気を使う事は人間関係をより良くさせるために必要ですが、気を使いすぎるのは心身ともに疲れてしまうよね。

案外、社交的な人でも気を使っていて、家に帰るとどっと疲れが出るなんて事もあるかもしれませんね。

では、気を使いすぎに自覚している人もそうでない人も気を使いすぎる人の心理や性格、特徴が気になるかと思いますので、今回は気を使いすぎる人に共通する特徴を紹介していきます。

スポンサーリンク



気を使いすぎる人の心理、性格


気を使いすぎる性格の人は、共感を重視する人である事から、どちらかというと自分より周囲の人を優先します。

また、なるべく周囲の人が不快にならないように考える特徴があります。

なので、周囲に気を配り、人の気持ちを大切にする人とも言えますね。

ただ、人に気を配り過ぎるあまり、自身の気持ちをおろそかにしてしまいます。

「本当は言いたいことがあるのに何も言えずに合わせてしまう」

「沈黙があるとつまらないと思われてないだろうか」

「なるべく嫌われないようにしないと」

気を使いすぎると、本当は自分の気持ちに素直になって行動したいのになかなか表に出せないジレンマに陥ってしまいます。

そうして素直になれない自分に嫌気をさしたり、ストレスが溜まってしまったりしては、心が疲れ切ってしまうでしょう。

スポンサーリンク




気を使いすぎる人が楽になる考え方

気を使う事は義務ではない

気を使いすぎる人は、気を使う事が当たり前のようになってしまっているため、気を使う事がある種の義務感のような感覚になってしまっているのです。

義務感があっては仕事場のみならず、プライベートでも友人にも気を使うようになってしまい、なかなか気を休める事ができなくなります。

少しずつでいいので、「気を使う事は義務ではない」と考える機会を増やしていくといいかもしれません。

試しに、友人同士では少し自分勝手に行動してみると、仕事とプライベートとでオンオフの切り替えができるようになります。

もちろん職場では気を使う機会があるかもしれませんが、気を使うのは職場だけでも十分なのです。

なので、まずは気を使う事が義務のようになっている自分から解放する練習をしてみる事から始めてみましょう。

いい加減でも案外嫌われない

いい加減な人より周囲に気を使う人の方が何だか周りから慕われやすく思いますよね。

ですが、この考えは時と場合、人によります。

例えば、初対面の相手や新しい環境の場合、なるべく周りになじむように気を使う人も多いですよね。

ただ、毎日顔を合わせているのにずっとその状態が続くと、なんだか逆に周囲から浮いているような気がしませんか?

周囲の人も仲良くなりたい気持ちはあるのにいつまでも気を使う事ばかりで言いたいことも言えないようでは、仲良くなろうにもどう接すればいいのか分からなくなるのです。

そうしているうちに、気を使いすぎる自分が定着してしまうのです。

ですが、そこで少しいい加減さを人に見せると、周囲の人の対応も変わってきます。

いい加減さは悪いように聞こえるかもしれませんが、案外いい加減な人ほど人から慕われやすかったり、好かれたりするのです。

いい加減すぎるのもそれはそれで印象が悪くなりますので、気を使いすぎる人は、できない事は人に任せる癖をつけてみるといいかもしれません。

ちょっとしたことで悩んだらすぐ相談したり、頼ったりすることで、自分の素を表に出す練習にもなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気を使いすぎる人の性格、心理には「人から嫌われたくない」思いが少し強いのかもしれません。

ただ、人を大切にする思いが強いとも言えますので、心優しい証拠とも言えるかもしれません。

だからこそ、自分の事を大切にするようになると気持ちも楽になり、人間関係で疲れてくる事も減ってくるでしょう。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す