人から嫌われたくないと思う人の心理、特徴とは?

より良い人間関係を築くには、なるべくトラブルは避けたいものですよね。

人とのトラブルを避けるあまり、「嫌われたくない」思いが強くなり無理をして周りに合わせてはいませんか?

もし嫌われることに恐怖心を抱いていているのであれば、自分らしく生きられず苦しさを感じてしまう事でしょう。

「本当は苦手なのに我慢してつき合わなければいけない」

この我慢が人間関係でのストレスに繋がってしまうのです。

そこで今回は、嫌われたくないと思う人の心理や克服法を紹介していきます。

スポンサーリンク



人から嫌われたくない人が抱える心理、特徴とは?

人から嫌われたくない思いを抱くのは誰しもある事です。

人間は人に好かれたい欲求がありますから、嫌われたくないと思う方がむしろ自然とも言えます。

ただ嫌われたくない思いがあまりに強いと、ある種恐怖症のように孤立する事を恐れてしまうようになってしまいます。

嫌われたくないからこそ無理をしてつき合う。

孤立したくないからとりあえず表面上は仲の良い感じを演じる。

というように、無理をして人付き合いをするようになってしまうのです。

そうなってしまうと自らの本心を抑制し生きづらさに繋がり、人付き合いもぎこちなくなってしまいます。

なので、嫌われたくない思いに支配されないように先ずは嫌われたくないと思ってしまう心理の部分から見ていくようにしましょう。

人からどう思われているかばかり気にしすぎる

人からどう思われているのかを気にしすぎて嫌われたくないと思ってはいませんか?

嫌われたくないと思う人は、人の心情を読む癖があります。

例えば、職場の先輩から飲み会の誘いがあったとして本当は行きたくないのになかなか断れない経験をする人はけっこういる事でしょう。

なかなか断れない理由として考えられるのが飲み会にいかないと

「仲間外れにされるのではないか」

「つまらない奴だと思われてないか」

と思う心理が働くからです。

たとえ相手が「断られても別にいいか」と思っていたとしても、人の心情を読んでしまう事で「せっかくの誘いを断ったことで嫌われるんじゃないか」と気にしてしまうのです。

人から嫌われたくない思いは相手や周囲の顔ばかりうかがっている事と同じなのです。

スポンサーリンク




評価を気にするあまり素直になれない

おそらく大半の人は周りからの評価、価値観を気にしながら生活しています。

心の中では「あの人苦手だなぁ」と思っていたとしても、無理にでも付き合わなければならない状況はよくあるものです。

特に職場の上司が相手だとなかなか断りづらい雰囲気ってありますよね。

ただプライベートな関係でも素直になれないとなると段々と素直になれない自分自身に嫌気が指しストレスが溜まってきてしまいます。

周りの評価を気にするにしてもきちんと線引きが必要です。

人それぞれ相性がありますから本当に苦手なタイプの人は世の中にたくさんいて当たり前です。

逆に自分と相性が合う人の方が少ないのかもしれません。

そう考えていくと嫌われる事の方がむしろ自然な事のように思えませんか?

時には「嫌われてもしょうがないか」と割り切ると嫌われたくない恐怖から離れられるようになります。

人との衝突がないように避けている

嫌われたくない思いが強くなるとトラブルがないようにとにかく慎重になります。

その結果、なるべく相手を不機嫌にさせないように接するようとするのです。

確かに他人と言い争うよりはなるべくトラブルもなく、仲良くなる方が好ましいですよね。

ただ、それだと一向に本心が見えてきません。

たとえ長い付き合いの友人や恋人に対しても「怒らせないように」慎重になっていたら言いたいことも言えず仕舞いです。

人間関係には衝突は付き物です。どんなに信頼できる中でも言い争いになるのです。

それに言い争いから生まれる絆もあるので、相手から嫌われる事を恐れず素の自分をさらけ出す事も時には必要です。

衝突をさけて自分の言いたいことが言えないほうが逆に辛いのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人から嫌われたくない人の抱えている悩みの奥底は「素直な自分が出せない事」が辛いのかもしれません。

「本当は言いたいことがあるのに言えない」

「こんな事を言ったら嫌われるかも」

と心の奥底で思っているかもしれません。

ただ周りの人間に合わせるより、自分の気持ちに素直になって言いたいことを言う方がストレスにならないのは事実ですし、逆に言い切ったことでストレス発散にもなるのです。

嫌われたくない思いは誰しも持ち合わせています。

感情にもバランスがありますので、たまには自分の気持ちに素直になってみるのも良いかと思います。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す