面接や発表に効果的!緊張をほぐすのにおすすめな方法とは?

どこかへ行く時、何かをする時、緊張してしまう事ってありますよね。

偉い人や、たくさんの人の前で、何かを発表しなくてはならないとか、試験が控えているといった大イベントの前の緊張だったり、身近だと、苦手な環境に行くという時も、なんだかソワソワして落ち着かない。という事もありますね。

普段通りに過ごせない・・・。そんな時、どうしたらいいのでしょうか?

今回は、そんな緊張状態を上手くほぐして、負けそうな気持に打ち勝てる方法を、いくつかご紹介します。

是非、ご活用ください。

スポンサーリンク



緊張している人へ

私は普段、あまり緊張するタイプではないのですが、歯医者さんに行くときは別です。歯医者さんに行く日は、前日の夜から緊張してしまいます。

人前で寝そべり、口を大きく開くのが恥ずかしいというのもありますが、歯医者さんが自分よりも年下の異性だからというのも、緊張の原因の一つです。

治療中は緊張から、心臓がバクバク音を鳴らして、息は上がって・・・。

そんな自分は、今凄く可笑しな顔をしてるんじゃないのか?見られてるんじゃないかなーと思うと、だんだん顔が引きつってくるんです。

それを自覚しているから、口をゆすぐ時などのスキを見ては、表情をいかにも穏やかにして見せるのですが、それがまた、別の形で引きつるという、残念な結果を作っていったのです。

・・・というか、表情を付ける事自体、可笑しいんじゃないか??

自分はなんて余計な事をしていたんだ・・・と、気が付いて、突然また気持が乱れてしまい、終始落ち着かない。

ああ~、もう歯医者さんなんか行きたくない!!

でも、途中で通院を止めたら、緊張に負けて来なくなったなどと思われはしないかと考えて、嫌々通院を続けていました。

今では無事に治療は終わって、普段通りの生活に戻っています。

私はたぶん、緊張を克服してはいませんが、あの時行きたくないと思っていた自分に打ち勝つことはできました。

小さなことではありますが、自分の中では確かに緊張と諦めを誘発させた出来事でしたし、それを乗り越えるのが、一歩一歩進むという姿勢なのでしょう。

なぜ、こんな話しをしたのかというと、その時の私は、自分と同じように、緊張する人の言葉が欲しかったのです。同じように緊張して困っている人の話を聞いていると、可笑しかったり、わかるなーと思ったりして、自分も頑張ろうと思えたんですよね。

ですので、まずは緊張に悩んでいる人のために、最近あった私の緊張したことというのを、お話ししました!

参考にはならないでしょうが・・・少しでも気持ちがほぐれたなら、幸いです。

また、私のように、緊張のせいで自分を上手く操縦できない人は、私みたいな下手な芝居はしないで、緊張してますよ、というように、その時の自分を自然に出している方が、格段可愛らしい姿かと思いますね。

スポンサーリンク




緊張している時に やるといい事

「これから」とか「いよいよ」なんて、直球過ぎる言葉が頭の中をグルグル回ってるだけなのに、他に惹かれるものが見付けられないぐらいに悩まされる、緊張状態。

惹かれるものが無くても、どうにか他の方に気を向けて、気持を落ち着かせたいですよね。

あの、ソワソワの上を行った、ゾワゾワした感覚に捕らわれている時、どうしたらいいのでしょう。

その時の乱れた心に、素直に答えるとしたら、大声を出したり、体をジタバタ暴れさせるといった事が自然なのかもしれませんが・・・

さすがにそんな事できませんよね? 例え、それがいいと言われたとしても、です。

緊張している時、さて体の仕組みから学んで、頑張ってセロトニンを絞り出そうとするのも、何だか雲を掴むようなお話です。

また、ガムを噛むなんて事も良いみたいですけど、私のように、歯医者さんへ行く前では、残念ながら、できませんよね。

と、いうわけで、ここではオーソドックスなやり方をご紹介しますね!

鏡の前で・・・

ここで紹介させていただくのは、私の知り合いから聞いた方法です。

教えてくれた彼は舞台役者なので、毎日が本番で、失敗が許されません。

毎日本番なら、そのうち慣れるものなんじゃない? と思うかもしれませんけど、凄く緊張するという時も、結構あるのだそうです。そんな時にやっている事というのが、この方法です。

鏡の前に立ち、自分の顔を見ます。そして、鏡に映る自分の目をしっかり見ながら

「俺(わたし)はできる。俺はできる。俺はできる。」

と、繰り返し口に出して言う事なのです。

なんだかいざやるとなると、それこそ照れ臭くなって、軽く緊張してしまう方もいるかもしれませんが、だとしたら尚更、ここで緊張を発散させましょう。そうでなくても、この方法は結構効きますよ。

音楽を聴く

音楽を聴いて過ごすという方法も、緊張している時にはもってこいな手段だと思います。どんな曲が効果的かとかは、あまり考えなくても、好きな曲で十分良いのではないでしょうか。その時の気分で曲をチョイスして、締め付けられた自分を解放しましょう。

緊張している時に、親しい人と共有している曲とか、思い出のある曲を聴くのも、自分を冷静にさせてくれるので、ベストチョイスです。あまり穏やか過ぎる曲だと、かえって焦りが出る事もあるので、本当に、その時の気分で決めるのが、決め手でしょう。

深呼吸と ストレッチ

緊張してる時って、体がリラックスできていなくて、溜息ばかり出てしまいますよね。それは、体がこわばっているのです。

肩が凝っているようだったり、腕が邪魔に感じているのか、両手首を無駄に振り回す癖のある人、指をポキポキ鳴らす癖のある人などはよくいます。

そんな時は、深呼吸をしながら、大きく伸びをしたり、両手を大きく広げて、胸を伸ばすといったストレッチをすると、幾らか改善できますよ。

緊張でガチガチになってしまった体は、伸ばすことで、体にリラックス効果が得られます。

体温のコントロール

緊張すると、汗をかく人もいますが、実は冷えている人もいるんです。冷えている人は、意外と自分が今寒さを感じているという事に気が付いていない場合があるようです。

汗をかいてしまうのであれば、少し体の一部、特に手や顔などを冷やす事を、寒さを感じている場合には、同じように体を温めるようにして、体温のコントロールをしてみましょう。

あまり寒い冬であれば、しっかり体を温めてください。体の緊張をほぐす事で、お風呂に入った時のように、心も穏やかになります。

香りでリラックス アロマを活用

アロマで気分をリラックスさせることも、緊張をほぐす効果があります。

大体の方は、部屋でアロマを楽しまれると思いますが、出先でも香りの効果を得たいと思っている方は、ハンカチに香りを含ませて、持ち歩くのだそうです。そして、緊張したり、落ち着きたいときに、香りを含ませてあるハンカチを鼻に当てる、という活用法を用いているのだそうですよ。

アロマも色々な種類があって、一応、それぞれに効果があるのですけど、自分のお気に入りの香りや、緊張状態を緩和させる効果のある物を選ぶと良いですよ。

私が好きなのは、フランキンセンスです。単に香りが好きなだけなのですが、改めて考えてみると、これは気道を開くし、気持ちも落ち着くしで、緊張の緩和にも向いているのではないかと思います。

特に寒い時期になりますと、暖かい部屋でアロマを楽しむ時間というのは、心から癒されます。また、明日本番という前の晩に、緊張して眠れない時にも頼れそうです。

まとめ

緊張に悩まされている皆さん、いかがでしたでしょうか?

緊張したままだと、本番に失敗してしまう事もありますよね。私の下手な芝居のように・・・。皆さんには、そんな風にはならないでほしいです。人(わたし)のふり見て、是非我がふりを直してください。

ここで紹介した方法も試していただいて、それで緊張に打ち勝てたら、私も嬉しいです。でも、もし私のように滑ってしまったとしても、そこから投げ出さないで続けていれば、いつか全て終わった時に、諦めなかった自分へと成長したことに満足いくかと思います。

これから本番の皆さん! 応援します^^

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す