気疲れしないようになる効果的な方法とは?

普段、生活している中で何かと気を遣っている事はありませんか?

特に気疲れしてしまう人は仕事や人間関係で気を遣い過ぎている事に心当たりがあるかと思います。

「本当は気を遣わず自然になれたら」と思いつつも、なかなか自然に振舞えないのが気疲れしてしまう人の特有の悩みでしょう。

そこで、今回は仕事や人間関係で気疲れしてしまう人の特徴から解決する方法をいくつか紹介していきます。

スポンサーリンク



気疲れしてしまう理由とは?

tsuyoshi-31_TP_V

気疲れしてしまう理由には主に人間関係で気を使いすぎてる事が考えられます。

ですが、どうして他人に気を遣いすぎるのかという事に関しては、あまり考えたことがない人も多いのではないでしょうか。

気疲れをしないようにする方法を紹介する前に、どうして気疲れをしてしまうのか、その理由を具体的に紹介し、一緒に考えていきましょう。

相手の気持ちを優先する人

人間関係で気疲れする人は「相手の気持ちを最優先に考える人」です。

あまり自覚してないかもしれませんが、常に人の事を第一優先に考える優しい心の持ち主なのです。

なので、常に周りの人に気を配るため、あまり自分勝手な行動は起こさず、自ら人間関係でトラブルを起こす事も少ないです。

ですが、周りの気持ちを優先的に考えるあまり、自分の気持ちを表に出せないのが気疲れする人の欠点とも言えます。

そのため、人間関係ではなるべくトラブルを起こさないように考えるあまり、自分の言いたいことが言えず、生きづらいと感じてしまう事が考えられます。

気疲れしてしまう人は、優しい性格なので、周囲の人からは印象は良いのですが、心のうちは「もっと自然に振舞いたい」というのが本心でしょう。

空気を読み過ぎる

気疲れする人だけでなく、多くの人が「空気を読む」ことに悩みを持っています。
例えば、近年、ニュースで労働問題が取り上げられるようになり、社会人の多くが「サービス残業」をしている事が明らかになっています。

ですが、この問題をよくよく考えてみると、残業する方の多くは仕事が終わらないから残業しているのではなく、「社内の空気を読んで会社に残っている」のが大半です。

「上司がまだ残っているのに先に帰るのは気が引ける」というのが会社に遅くまで残る人の理由なのです。

このように、あまりに空気を読み過ぎると、真面目な人は仕事でも気を遣い、ゆくゆくは気疲れしてしまうのです。

空気を読む事は日本の文化とも言えますが、その結果気疲れする人が増えているのが現状なのです。

スポンサーリンク




仕事や人間関係で気疲れしない方法

相手の気持ちを読み過ぎない

人間関係で気疲れする人は「相手の心の内をいつも考えている」と思います。

職場の上司では「上司から仕事の評価はどう思われているのか」を気にしたり、友人であれば「嫌われているのかいないか」を常に気にしたりするかもしれません。

ですが、気を遣う事の本当の理由には「相手に自分の事をよく見せないといけない」という心理があり、その結果、人からの評価を気にするようになっているのです。

なので、一層の事、相手の気持ち、自分の評価は気にしないというのが気疲れを起こさない効果的な方法です。

そのためには、まずは自分がどんな場面で気を遣っているのかを見極めるようにしてみてはどうでしょうか。

そして、自分が気を遣う場面が分かってきたら、気を遣う前に試しに自分が言いたいことを言ってみるのも良いかと思います。

一人で抱え込まない

気疲れする人は相手の事を最優先に考えますので、自分の言いたいことが言えず仕舞いになってしまいます。

ですが、ずっと言いたいことも言えなければストレスになりますので、なるべくでしたら一人で抱え込まないようにするといいでしょう。

ただ、普段から気を遣う人にとって人に悩みを打ち明ける事は少なからず抵抗感があるでしょうから、先ずは小さな悩みでも身近な人に打ち明けてみる事をおすすめします。

試しに親、兄弟、親しい友人に自分の悩みを打ち明けてみる事から始めてみてはいかがでしょう。

身近な人に相談することはストレスが解消されるだけでなく、自分の言いたいことが言えるようになるトレーニングとなります。

どんな些細な悩みでも打ち明ける事で、いずれ自分の本心を表に出すことに繋がります。

それができるようになると、心に余裕が持てるようになり、周りに流されて気を遣う事もなくなってくるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気疲れは、緊張のあまり精神的に疲れてしまっている状態です。

主に仕事や慣れない環境、人間関係といった様々な場面で気疲れしてしまう事が考えられますが、そういった時ほど一人で無理をしている事があります。

なので、もし気疲れしているなと感じた時は、一人で抱え込まず身近な人に悩みを打ち明けてみてください。

そうすることで、気持ちに余裕が生まれてきますので、疲れている時はしっかり休み、気を遣うことからいったん離れてみましょう。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す