仕事や勉強で行き詰ったときの6つの気分転換の方法

勉強や仕事をしている時ってどうしても行き詰ってしまうことはないですか?

集中力が途中で切れたり、突然やる気がなくなったりすると、作業効率が落ちてしまいますよね。

ですが、そういった時こそつい気力で乗り越えようとしますが、気分転換をして気持ちをリフレッシュをしないと、また行き詰まってしまう羽目になります。

そうならないためにも気分転換の仕方をきっちりと身に着け、仕事や勉強を乗り越えていきましょう。

スポンサーリンク



気分転換する6つの方法

仕事や勉強で行き詰まる事は致し方がない事です。

ずっとモチベーションを保ったまま、バリバリこなす人の方が少ないです。

では、仕事や勉強できちんと成果を上げている人にはどういった共通点があるのかというと、それは「気分転換をきちんとしている」事にあります。

頑張る時は一生懸命頑張り、休む時はきちんと休む。これが仕事や勉強で行き詰まらなくなる秘訣なのです。

そこで、ここでは、誰でも簡単に気分転換ができる方法をいくつかまとめてみました。

とても簡単な方法ばかりではあり、普段意識せずともしている人も多いかと思いますが、仕事や勉強で行き詰まっている時ほどきちんと気分転換をしなくなってしなくなってしまいます。

そうならないためにも今一度、気分転換の方法を確認していきましょう。

 睡眠に気を付ける

仮眠
集中力が途切れる原因の一つに睡眠不足があります。

睡眠は体を休ませるために必要なものではあります。

また、睡眠は脳を休ませるために重要な事なのです。

ですので、夜更かしをしたり、十分な睡眠が取れていなかったりすると脳がちゃんと休まることなく、気分転換にもなりません。

例えば、睡眠前についスマートフォンやパソコンをいじってしまう事はありませんか?

スマートフォン等の電子機器は手軽なので、つい布団の中で見てしまいますよね。

ですが、スマートフォンの液晶画面には「ブルーライト」と呼ばれる液晶ライトが発せられているので、目の疲れはもちろんの事、脳が休まず睡眠の妨げになります。

なので、睡眠前にはなるべくスマートフォン等のディスプレイは見ないほうがいいのです。

そして、就寝につく時間は夜中の12時前にするようにしましょう。適切な睡眠時間は約7時間と言われていますので、7時間の睡眠を目安に生活習慣を整えていくと生活サイクルが改善し、集中力が高まってくるようになります。

もし、それでも睡眠不足の場合は一度仮眠を取り、頭をリフレッシュする事をおすすめします。

目安としては15分~30分くらいがちょうどいいですね。

それ以上の仮眠は逆効果になりますので、仮眠を取る際はなるべく短い時間を設定するようにしましょう。

音楽を聴く

「音楽を聴く」のは五感を刺激する方法の一つです。

どうしても勉強や仕事をしている時は目を重点的に使いますよね。

ただ、目だけを使って作業をしていると途中で疲れてくるでしょう。

そこで、音楽を聴くことで違った五感を刺激することで、気分転換にもなり気持ちもリフレッシュできるようになります。

音楽を聴くといっても自分の好きな曲でもいいのですが、一番のおすすめはクラシックな曲です。

クラシックな曲はリラックス効果もあるので、気分転換やリラックスするにはちょうどいいです。

また、落ち着いた曲はストレスにも効果的ですので、いったん気持ちを落ち着かせたいときはリラックスできる曲を選ぶといいでしょう。

逆にやる気を高めたい時には、少しロックで曲調が激しいものを選ぶと気持ちが高まりますので、音楽を聴く際は使い分けて聴くことをおすすめします。

ウォーキングをする

ウォーキングすることも五感の刺激になり、気分転換にもなります。

デスクワークや勉強をしている時はどうしても室内でこもってしまいますが、同じ姿勢で長時間、居続けるのはとても辛いものです。

そういった時こそ適度な運動をすることで脳に新たな刺激を与え、気分転換にもなります。

なるべく、一日の中に何かしらのスポーツを取り入れたられたらいいのですが、受験生や社会人になるとそういった時間を取るのも難しくなりますよね。

なので、一日の中に簡単に取り入れられるウォーキングをおすすめします。

ウォーキングなら忙しい方でも休みの間にできますよね。

社会人ならお昼時間の間に、受験生は勉強の合間に外に出て、外気に触れるようにしましょう。

外の景色を見るだけでも気分転換になります。

スポンサーリンク




友人と会う

1人で黙々と作業していると、コミュニケーションが不足してしまいます。

逆に、職場の人間関係で疲れてしまう方は一人でいる方が気楽かと思いますが、一人でいるのもそれはそれでストレスになります。

なので、なるべく時間がある時は友人と会い、話をすることで気分転換をするようにしましょう。

友人と話している時に苦労して話をする人はまずいませんよね。友人と話をしている時は悩みを打ち明けられるのもありますが、親しい仲だと会話が弾んで楽しいですからね。

ただ、会社の同期の友人となると仕事の話になってしまう可能性があるので、なるべくでしたら仕事と関係のない相手と会話してみると気分転換になります。

やはり休みの日まで会社のことを話すのも嫌ですからね。

なので、なるべく学生時代の友人や長い付き合いのある親しい人と会うようにしましょう。

居酒屋に行って飲みながら話すのも十分気分転換になります。

気分転換に一番効果的なのは「楽しい」と思える事をすることにあるのです。

掃除をしてみる

デスク
一度、身の回りのものを見渡してみてください。

綺麗な空間の中にいますか?それともごちゃごちゃした空間にいますか?

当然ながらごちゃごちゃしているより綺麗な空間のほうが気分が良いですよね。

中にはごちゃごちゃした空間が落ち着ける方もいますが、おそらく少数かと思います。

また、仕事や勉強に集中している時ほど、周りが見えなくなってしまうので、デスク周りが荒れてしまいます。

ですので、自分の部屋や会社のオフィスを綺麗にして気分転換してみるようにしましょう。

掃除をして空間を綺麗にするだけで達成感も生まれ、やる気が向上します。

「小さなごみを片づけるだけで綺麗な空間ができる」

「勉強や仕事もコツコツやれば成功するのでは?」

といった感じにやる気が増幅してくるものです。

ちょっとしたことではありますが、小さな積み重ねが気分を高める要素ですので、気分転換のためにも掃除はこまめに行う事をおすすめします。

 お風呂に入る

気分が乗らないのはもしかしたら疲れがあるからかもしれません。

疲れがある状態では集中力も落ち、気分も優れないでしょう。

なので、お風呂に入り、疲れや落ち込んだ気分を一度スッキリさせてしまいましょう。

お風呂を沸かすのはめんどくさいと思い、シャワーだけで済ましてしまいがちですが、シャワーだけではなかなか疲れは取れません。

また、入浴をすることで自律神経を整えられ、睡眠にも効果的です。

自律神経を整える事は集中力を高めることに繋がりますので、入浴をして体を休ませる事は気分転換に最適なのです。

なので、一度ゆっくりお風呂につかり、気分をスッキリさせましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は気分転換する方法についていくつか紹介していきました。

気分転換は人によって異なりますのでやはり自分に合った気分転換方法を見つけてるのが一番です。

また、今回紹介した方法は当たり前のものばかりに思えるかもしれませんが、気分転換ができていない人はこういった方法をおろそかにしてしまいがちです。

気分転換には、効果的な方法も道具もありません。当たり前と思える事をすることが一番の近道ですので、仕事や勉強で忙しく気分転換ができていない人は今一度、今回紹介した方法を再確認してみるようにしましょう。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す