価値観を押し付けてくる人に共通する5つの心理、特徴とは?

自分と他人の価値観は異なります。

ですが、中には他人の価値観をなかなか受け入れられず、つい自分の価値観を押し付けてくる人がいます。

価値観を押し付けてくる人は仕事やお金、生き方まで何かと否定的な意見を言ってしまう可能性があります。

ですが、無理やり価値観を押し付けられると少々めんどくさくなりますよね。

そこで今回は、価値観を押し付けてくる人にはどういった心理や特徴があるのか具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク



価値観を押し付けてくる人の5つの心理、特徴

価値観は人が今まで生きてきた中で形成されてきます。

例えば、友達と一緒に映画を見て自分は「面白かった」と思っても、友達の方は「つまらなかった」と感じている事があるかと思います。

単に興味があるかないかという問題でもあるのですが、その映画が自分の価値観にあっていなかったとも言えるのです。

物事1つにしてもいろんな方向から判断できるのでどれが正しいのか違うのかといった事はありません。それを判断する権利は自分自身にあるのです。

ですが、そこで価値観を押し付けてしまうから押し付けられた側は不安になってしまうのです。

「人と価値観が違うのはおかしいのか」と不安に思い、自分を責めてしまったりする事にも繋がるかもしれません。ですがご安心ください。

人に価値観を押し付ける方がおかしいのです。

では、どうして価値観を押し付ける人がいるのか、その人に共通する特徴から心理をいくつか紹介していきます。

常に自分が正しいと思っている

価値観を押し付けてくる人の心理には常に自分の考えや意見が正しいと思っています。

なので、自分とは異なる価値観があると、つい間違っていると思ってしまうのです。

間違っているものであれば、否定的にもなりますし、その間違いを正そうとして価値観を押し付けて修正しようとします。

ですが、冒頭にも書いた通り、人それぞれ育ってきた環境や生き方は異なりますので、価値観が違ってくるのは当たり前です。

それにも関わらず、他人の価値観を受け入れられないのには視野が狭くなっているのかもしれません。

また、自分の意見が正しいと思っている人は、自信家でもあります。

自信があるという事はその分努力をしてきたという事もあり、調べ物や勉強には熱心です。

ただ、どうしても偏った知識ばかりに目が行きがちになるので、たとえ自分が間違っていたとしても正しいものだと正当化する場合があります。

そういった観点からみると、少し視野が狭くなっているのかもしれませんね。

他人の価値観を受け入れられない

自分と他人は必ずしも価値観が同じという事はありません。

価値観が似ている人同士であれば価値観も共感しやすく、話が合う事もあるでしょう。

ですが、どんなに仲が良くても価値観は異なるのです。

価値観を押し付ける人は他人の価値観を受け入れようとはしません。

価値観が違う人とでは共感が持てないため、敵対してしまう事も多くなります。

そのため、価値観が合わない人がいれば考え方を改めるように否定的になり、価値観を押し付けようとしてくるのです。

あまりにも偏った価値観が身についていると、新しい価値観を受け入れる事ができなくなります。

そのため、自分の価値観が先行してしまい、つい否定的になってしまうのです。

価値観の合う人としか関わらない

自分と価値観が似ている人とでは好感が持てるため、仲良くなりやすいですし、似たもの同士で楽しくなりますよね。

ただ、社会に出てみるといろいろな人がいます。

自分とは違う考え方をする人も多くいるため、常に価値観が合う人と巡り合えるかと言えばそうではないでしょう。

価値観が同じ人を見つけて仲良くなるのも大切ですが、違う価値観を持った人から新しい考え方を学ぶのも社会勉強なのです。

ですが、自分の価値観を押し付けてしまう人は似たもの同士で関わろうとするため、価値観が違う人とはなるべく関わらないようになります。

確かに価値観が似ている人のほうが話していて楽しいですし、仲良くなりやすいです。

その気持ちも分からなくはないのですが、あまりにも極端に周りが似た者同士の人が集まってしまうと自分の価値観は絶対に正しいものだと思うようになります。

そのため、違う価値観を持っている人を毛嫌いてしまいまい、つい否定的になっているのかもしれません。

スポンサーリンク




相手のためを思っている

自分の価値観を押し付けてくる人の心理には、実は相手の事を思って言っている事も考えられます。

自分が今まで培ってきた知識や経験があれば、絶対に相手の役に立つだろうと思っているのです。

なので、もし相手が間違った意見、価値観を持っていると認識するとそれを正すために自分の考えを教えてあげたい気持ちが沸いてくるのです。

一見、相手のためを思って意見を言っているため悪気がないように感じますが、あまりにも極端になってしまうと、単に自分の価値観を押し付けているのと同じになります。

それでは、返って相手側もうんざりしてしまいますよね。

ですが、本人にとっては善意の気持ちで言っているので、価値観を押し付けている事を自覚せずに相手の役に立ったと思っているでしょう。

多数派の意見が正しいと思っている

人は多数の意見に流されやすいものです。

もし、多数派の意見と少数派の意見があったとするならば、大抵多くの人は多数の意見が正しいと思ってしまいます。

ですが、世の中には絶対に正しいというものはありません。

1つの物事に対していろんな見方もできますし、少数派の意見が間違っているとか、多数派の意見が正しいというのはないのです。

ですが、そのことを理解していないと、多数の意見に流されやすくなり、あたかも自分は正しい価値観を持っていると勘違いしてしまいます。

価値観を押し付けてくる人が違う価値観を受け入れられないのには「多数派が正しい」という心理があるのかもしれません。

そのため、少数派の意見があれば間違っているものと認識してしまい、多数派にある自分の価値観を押し付けて正そうとするのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

価値観を押し付けてくる人の心理や特徴から分かるのは寛容な気持ちが持てず視野が狭くなっている場合があります。

ですが、人はそれぞれ異なる価値観を持っている通り、価値観が異なる事は当たり前なのです。

それを受け入れられずに否定的になったり、価値観を押し付けて正そうとしたりするのは、良い事ではありませんし、相手にとっても気分がよくないですよね。

なので、自分の価値観を押し付けてくる人はもっと寛容的になり、いろんな価値観を受け入れる姿勢を持ってほしいものですね。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す