簡単に感情のコントロールができるようになる7つの方法

人には「喜怒哀楽」といった様々な感情がある通り、状況に応じて、いろんな感情が芽生えてきます。

ですが、現代社会は「ストレス社会」と言えるほど、ストレスに満ち溢れており、どうしても怒りや悲しみの感情が芽生えやすくなっています。

そのため、仕事やプライベート、人間関係で喜びや楽しみが実感できず、どうしてもネガティブな思考になってしまう方が多く見受けられます。

ただ、ストレスに満ち溢れている社会であるからこそ、感情のコントロールがしっかりとできるようになれば、ネガティブな気持ちともうまく付き合える事ができるようになります。

ですので、人生をよりよくするためにも、感情をコントロールする方法をしっかりと身に着け、ネガティブな感情に囚われない生き方をすることが必要なのです。

そこで今回は、感情をうまくコントロールできるようになる方法をいくつか紹介していきます。

スポンサードリンク



感情をコントロールできるようになる7つの方法

一度立ち止まって冷静に考えてみる

感情をうまくコントロールするために一番大事なのは「ありとあらゆる習慣を見直してみる」ことです。

人はどうしても考え方や価値観が固執してしまいます。

特に現代人は何かしらストレスを抱えている事が多いため、マイナスなことばかり考えてしまう事があります。

ですが、冷静になって考えてみると、マイナスな事ばかり考えたところで、何か得をしたり、プラスになったりする事はありません。

むしろ、悩むことに時間を費やしてしまうため、時間の観点から見るとむしろマイナスです。
ただ、冷静になって物事の本質を見極めることができれば、マイナスなことでもプラスにもっていける場合があります。

ですので、一度冷静になって考えてみるといろんな側面から物事を判断できるようになるため、1つの考えに固執する事がなくなり、マイナスの感情に囚われる事もなくなってくるでしょう。

客観的な視点から物事を判断する

物事にはいろんな側面があります。

ここではプラスの側面とマイナスの側面で紹介していきますが、見方によっていろんな方向性があるため、プラスなもの、マイナスなもの、どちらか選択してとらえる事ができます。

例えば、自分自身がどんなに辛い仕事だと思っていても、仕事の内容そのものが好きな人であればたとえ長時間であったとしても熱中して仕事に励むことができます。

そういった人は心の中で「いま頑張れば知識が身に付きいろんな仕事ができるようになる」とプラスに思っているのかもしれませんね。

このように自分はマイナスなことのように思っていても人によってはプラスにとらえている方もおり、物事の捉え方は人それぞれ異なってきます。

ただ、冷静になって客観的に物事を判断する考え方が身に着けるようになれば、どんな人でもいろんな側面から判断することができるようになります。

ですので、先ほど紹介した「冷静になって考える」ことと「客観的な視点」はセットにするといいでしょう。

視野を広げてみる

何か単純な作業や細かい事をしている時ほど、ついイライラしてしまいますよね。

このように視野が狭くなると、感情も狭くなってしまうため、心に余裕が生まれなくなります。

逆に、視野が広くなると、感情も広くなるため、自然にポジティブな方へと考え方が変わってきます。
この性質はどんなことにも言える事であるため、普段の生活の中で視野を広げてみる工夫をしてみる事をおすすめします。

例えば、休日家でずっと一人でいるより、外に出かけていろんな景色を見てみると、視野が広くなりますよね。

それが習慣化できるようになれば、いろんな人と交流ができるようになり、新しい価値観が生まれ、徐々に考え方も変わってきます。

単純な事かもしれませんが、感情がうまくコントロールできない人はどうしても視野が狭くなりがちですので、視野を広げてみる工夫を生活の中に取り入れるようにしましょう。

心に余裕を持つ

小さなことでつい突発的にイライラしたり、人から悪口を言われたわけでもないのに悲しくなったりすることはありませんか。

つい感情的になって物事を判断してしまうのは心に余裕がない状態です。

心に余裕がない状態になると、冷静な判断も客観的な見方もできなくなるため、ストレスが生まれやすくなります。

そのため、小さなことでも怒りの感情が芽生え、ついイライラしてしまうのです。

ですが、一度立ち止まって冷静に判断することができるようになれば、心にも余裕が生まれてくるようになるため、先ずは先ほど紹介した「冷静に判断する」癖を身に着けるようにしましょう。

それから、いったん冷静になって物事を判断できれば心に余裕を持つことができるようになります。

スポンサードリンク




ポジティブな発言、対応を心がける

マイナス思考からプラス思考に持っていくためには、日頃の発言や対応を見直してみるのも効果的です。

例えば、下を向いて小さな声で挨拶するより、相手の顔をしっかりみてはっきりと挨拶するほうが少しポジティブな感じがしてきませんか?
このように小さな習慣でも常日頃からプラスになるように心がけることで、思考もだいぶ変わってくるようになります。

逆に、マイナスなことばかり口に出してしまうと、本当にそのような結果になってしまう事に繋がります。

仕事から帰ってつい「疲れた」と口に出してしまうかもしれません。また、友人と会って、愚痴を漏らす事もあるでしょう。

このような発言であればストレスの発散するためにもある程度必要ではありますが、毎日独り言のようにマイナスな事を呟いてしまうのはあまり良くありません。

例えば、私は常日頃から何事にも「できない」という言葉は使わないようにしています。

それは「できない」といった発言をした時点で本当に何もできなくなると思っているからです。

精一杯時間を費やし、努力したのであれば諦めがつきますが、何も手を付けていないのに初めから「できない」というのは根拠もない話ですので、口に出さないように気をつけています。

また、プラスになる行動としてはお店で買い物をするときは「ありがとうございます。」と言うようにしていますね。

感謝の気持ちはコミュニケーションを取る上でも大事ですから、円滑な会話を身に着けるためにも感謝の言葉は忘れないようにしています。

これらは小さな習慣ではありますが、その小さなプラスが束になれば、いずれ大きなプラスとなって自分自身に返ってきます。

ですので、マイナスなことばかり呟いていないか確認してみる事をおすすめします。

自律神経を整える

イライラしていたり、怒りやすくなったりしている時は自律神経が乱れている可能性があります。

人は、感情的になっている時は興奮作用がある交感神経が優位になります。

逆にリラックスできている時には、副交感神経が働いている状態ですので、自律神経が乱れている状態というのは交感神経が優位に立っている状態なのです。

その結果、突発的にイライラしたり、集中力が続かなくなったりしてしまうのですね。

では、どうしたら自律神経を整えられるのかというと、「温かい飲み物を飲む」事が簡単でかつ即効性があって効果的です。

体を温める事ができれば、リラックス効果がある副交感神経が優位に働くため、他にも入浴する事もリラックスするためには効果的でしょう。

また、自律神経が乱れてしまう原因には「睡眠不足」が考えられます。

睡眠不足の状態では体の疲れもなかなか癒えず、自律神経も乱れがちになるため、睡眠時間はしっかり確保する必要があるでしょう。

深呼吸をする

しっかりと感情をコントロールするためには、呼吸に気をつける事も大事です。

単純なことではありますが、呼吸が浅い状態は十分な酸素が体の中に取り入れられていない状態であるため、血液の循環がうまくいかなくなってしまいます。

また、感情的になってしまうと、呼吸も浅くなりがちになるため、しっかりとした呼吸が取れなくなります。

ただ、深呼吸ができるようになれば、いったん冷静になってリラックスすることができ、感情のコントロールがしやすくなるので、冷静になるためにも深呼吸をしっかりして感情を整えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

感情をコントロールする方法をいくつか紹介していきましたが、ご覧の通り、どれも小さな習慣や心がけで誰でも簡単にできるものです。
ただ、感情的になっている時ほど冷静になる事が怠ってしまうため、まず気を付けていただきたいのが冷静になる事でしょう。

いったん冷静になって客観的に物事を判断できるようになれば、突発的な感情を抑えられ、しっかりとコントロールすることができるようになります。

ですので、感情のコントロールを身に着けるためにも日頃の習慣を見直してみることをおすすめします。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す