考えすぎる性格を改善させる6つの方法

何かと考えすぎてしまう性格のため、常に人に気を使ったり、不安に悩まされたりと、自分らしく生きられないことはありませんか?

物事を深く考えすぎてしまう性格の方は、何気ない相手からの一言でも深く受け止めてしまったり、不安感を抱いたらなかなか頭から離れられないなど、どんな小さな出来事でも深く考えすぎてしまう癖があります。

その結果その事実を重く受け止めてしまい、悩んでしまうのかもしれません。

そこで今回は、考えすぎる性格を改善させる方法を6つ紹介していきます。

スポンサーリンク



考えすぎる性格を改善する6つの方法

 一人の時間を減らしてみる

考えすぎ

一つのことをずっと考えたり悩んでいる時ほど、一人でいることが多いです。

というのも一人でいる時は大抵、時間に余裕がありますので、ふと考え事をしてみたり、過去の出来事を掘り返したりしてしまうと思います。

逆に友人と遊んだり、誰かと話している時は考える時間も短くなるので、そこまで深く考えることはないでしょう。

なるべく人付き合いの機会を多くしてみると、深く考える癖も徐々に減ってきます。

 考える時間を決めてみる

考えすぎてしまう人というのは、一つの物事に執着するあまり、考え事だけに時間を取られてしまいます。

つまり、時間をあまり気にせず考えることが癖になっているんですね。

「考え事をしていたらあっという間に時間が過ぎていた」

という感覚です。

実は、私自身も考えすぎる性格のため、長い時間考えたり、悩んでしまうことがよくあります。

ですが、そうやって考え事をしていくうちに、あることに気づきました。

それは、「どんなに深く考えても解決しないな」ということです。

どんなに長く考えていても、解決できるものはごくわずかです。

むしろ、永遠に解決策は見つからないのかもしれません。

それなら、考える時間を決めて深く考えるのはやめてみませんか?

例えば、5分間考えてもいい時間を決めて、その間だけは考え事、悩み事をする。

5分経ったら、後は考え事をしない。

このように、自分なりに考える時間やルールを決めておくと深く考えることもなくなってきます。

 考える前に行動する

行動

考えすぎる人ほど、まず考え事をしてから行動に移すことが多いのですが、大抵、考え事をしないで行動に移すとうまくいくものです。

いきなり「行動力のある人間になれ」というのは酷な話なので、まずは、自分でステップを決めて少しずつ行動に移すようにしてみましょう。

考え事をするのは、結果が出てからでも遅くはありません。

いくら考え事をしていても答えが出ない時は、とりあえず手をつけてみることを心がけましょう。

スポンサーリンク




 考え事を紙に書く

考え事をしている時ほど段々と妄想が膨らみ、頭の中が混乱してくると思います。

そういった時は、考え事をすべて紙に書いてみましょう。

思いついたことをすべて紙に書くことで、頭の中がスッキリしてきます。

そして、考え事を視覚化させることによって、

解決できるもの、できないものに区別ができると思います。

もし、紙に書きだしたものの中で解決できそうにないものがあるならそれはとりあえず放置しましょう。

まずは、解決できそうなものからこなしていくだけでも、それだけで自信がついてきます。

あれもこれもと考え事をしてしまうと、一向に何をすればいいのかわからなくなってしまうので、

まずは頭の中を整理して、一つ一つ解決していくようにしましょう。

 気分転換をする

考えすぎる性格を改善したいと思うのなら、先ずは執着する癖を治す必要があります。

どんな時でも考えすぎる人というのは、考えることだけに執着しているんですね。

これは、あまり自覚しにくいもので考えること自体がある種の癖になっているので、時には、気分転換をしてみて楽しい思いをしてみるといいでしょう。

考えることは時には必要なことですが、考えすぎるのは負の感情がループすることでもあり、悪循環でもあります。

一向に答えがでないものを考えるのは、それだけで疲れてしまいますよね?

実は、考えすぎる性格は考え事をするたびに頭を使うので、けっこう疲れてくるものです。

なので考えるのに疲れたと感じたら、いったん休憩して気分をスッキリさせましょう。

 失敗することを恐れない

考えすぎる人の特徴として、失敗を恐れる傾向があります。

安全を念入りに考えるのは、確かに必要なことですが、失敗を避けるあまり、行動できないとなるとそれは本末転倒になります。

「失敗は成功の基」という言葉がある通り、失敗から得られる経験は貴重なものです。

一つ一つの失敗を繰り返すことで、のちにそれが成長の糧になります。

しかし、失敗することを恐れて行動に移せないとなると失敗から得られる経験がまったく身に着きません。

さらには、いろいろと考えすぎるあまり、思考も徐々にネガティブに変わってしまい行動すること自体、臆病になってしまうので

「とりあえずやってみるか」

と軽い気持ちで行動に移してみましょう。

 まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は考えすぎる性格を改善させる方法を6つ紹介していきました。

考える姿勢というのは、とても大切なことですが何事も程々が一番です。

そのバランスをうまく掴むのには時間がかかるかと思いますが、少しずつでいいので、考えすぎる性格、癖を改善させていきましょう。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す