考えすぎる性格を改善させる6つの方法

何かと考えすぎてしまう性格のため、常に人に気を使ったり、

不安に悩まされたりと、自分らしく生きられないことはありませんか?

物事を深く考えすぎてしまう性格の方は、

何気ない相手からの一言でも深く受け止めてしまったり、

不安感を抱いたらなかなか頭から離れられないなど、

どんな小さな出来事でも深く考えすぎてしまうが上に、重く受け止めてしまうかと思います。

そこで今回は、考えすぎる性格を改善させる方法を6つ紹介していきます。

 一人の時間を減らしてみる

0I9A7270ISUMI_TP_V

一つのことをずっと考えたり悩んでいる時ほど、一人でいることが多いです。

というのも一人でいる時は大抵、時間に余裕がありますので、

ふと考え事をしてみたり、過去の出来事を掘り返したりしてしまうと思います。

逆に友人と遊んだり、誰かと話している時は考える時間も短くなるので、

そこまで深く考えることはないでしょう。

なるべく人付き合いの機会を多くしてみると、

深く考える癖も徐々に減ってきます。

 考える時間を決めてみる

考えすぎてしまう人というのは、一つの物事に執着するあまり、

考え事だけに時間を取られてしまいます。

つまり、時間をあまり気にせず考えることが癖になっているんですね。

「考え事をしていたらあっという間に時間が過ぎていた」

という感覚です。

実は、私自身も考えすぎる性格のため、長い時間考えたり、悩んでしまうことがよくあります。

しかし、そうやって考え事をしていくうちに、あることに気づきました。

それは、「どんなに深く考えても解決しないな」ということです。

どんなに長く考えていても、解決できるものはごくわずかです。

むしろ、永遠に解決策は見つからないのかもしれません。

それなら、考える時間を決めて深く考えるのはやめてみませんか?

例えば、5分間考えてもいい時間を決めて、その間だけは考え事、悩み事をする。

5分経ったら、後は考え事をしない。

このように、自分なりに考える時間やルールを決めておくと

深く考えることもなくなってきます。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

コード スニペットをコピー

コメントを残す