考えすぎる性格、特徴を考え方次第で上手に活せる方法

考えすぎる事で動けなくなってしまったり、気分が沈んでしまったりしてはいませんか?

考えすぎるあまり、後から

「なんで考え過ぎてしまうんだろう」
「くよくよ考えすぎる自分がおかしいのかな」

と悲観してしまう癖がついたはいないでしょうか?

考えすぎる事に悩んでいる人は多くいますが、捉え方次第では長所でもあり、実生活に活かす考え方も可能なのです。

そこで今回は、考えすぎる事をうまく処理し活かしていく方法を紹介します。

スポンサーリンク



考えすぎる人に共通する特徴、性格

内向的な性格

内向的な性格の人ほど考えすぎる癖がついてはいませんか?

外交的な人であれば、1つの悩みにそれほど執着しません。

それは、普段から運動をしてストレスを外に吐き出したり、悩みがあっても躊躇せず友人や家族に話したりして、上手く考え込む事を避けてストレスを溜めないようにしているのです。

一方、内向的な人は悩みを外に吐き出すのが苦手です。ずっと考え込んで1つの悩みを取り除くことに努力するのです。

ですが、考えても考えても一向に解決に向かいません。むしろ、不安が悪化してしまうのです。

自信が持てない

考えすぎてしまうのは、先の事を不安に思っているからかもしれません。漠然とした不安感を抱いてしまうのは、自信が持てないからではないでしょうか。

自信が持てないと動こうにも動けない状態になり、ますます考え込んでしまう可能性があります。

自信がないからこそ、考え込んで策を練っているのかもしれませんね。

スポンサーリンク




周りの気を遣いすぎる

周りの人に気を遣いすぎてしまい、周りの事で頭がいっぱいになってはいませんか?

周囲に気を遣う優しさはとても素晴らしく、人から尊敬されます。

ですが、周囲の人だけに囚われてしまっては自分のやるべきことがおろそかになってしまいます。

周りに気を遣う事はとても良い心掛けではありますが、そこまで無理して気を遣わなくても大丈夫なのです。

考えすぎる事は何も悪い事ではない

考えすぎる人には「考えすぎる自分を責める」癖があります。

「考えすぎる自分は頭でっかちなのか」
「真面目過ぎるから考えすぎてしまうのか」

と、考えすぎる事が悩みという事はそんな自分を責めてしまっている事と同じとも言えるかもしれません。

ですが、考えすぎる事は何も悪い事ではありません。

考えすぎる人を言い換えれば「危機管理能力が発達している証拠」とも言えるのです。あらかじめ先の事を予想することで、失敗やミスを少なくする事ができます。

みんながみんな、何も考えずに突っ走っていたらそれはそれで怖いですからね。

なので、深く考えすぎる事に悩み必要はないかと思います。むしろ、「個性」として自分の特性なんだと認識するほうが有意義かもしれません。

考えた内容を頭で処理しないで紙に書いて処理する

普通でしたら考えた事を処理するのは脳ですよね。

ただ、私たちの頭の中にある脳には膨大な量の情報が入っているので、考えすぎる人であれば、頭の中がこんがりやすいかと思います。

そういった時は紙やノートに書いて思いついた出来事を見える形にするといいですよ。

思っていた事やモヤモヤした感情もスッキリし、自分がどんな事に悩まされているのかが明確化され、これからのやりたい方が見えてくるでしょう。

脳が処理しきれないほど考えがつくため、行動に起こせなくなっているのではとても勿体ない事だと自覚するといいかもしれません。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す