ビジネスでも役立つ!心理学も利用した会話術、7つのコツとは?

私たちが日常で使う人とのコミュニケーション

人と対面し会話をすることであなたがどういう人なのかを相手に伝える大事なスキルの一つです。

会話はあなたの印象を決めるといってもいいものですが、人とのコミュニケーションがうまくいかないと人間関係もうまく築けません。

そこで、今回は心理学を利用したビジネスにも役立つ会話術を紹介していきます。

心理学とは人の心を読み取るスキルの一つです。

それを会話に応用し、コミュニケーションスキルを向上してきましょう。

 会話を簡単に向上させる7つのコツ

1、相手と同じ動作をする

相手と同じ動作をすることを「ミラーリング」と言います。

例えば、相手と会話をするとき

  • 声のトーンを合わせる
  • 話相手に呼吸を合わせる

等々、相手の動作、口調を合わせることで心を通じ合うようになります。

相手もあなたのことを信頼するようになり、仲間意識が芽生えてきます。

これは意識しないといけないのである程度練習が必要ですが、慣れてくると自然にできるようになります。

2、相手の話をよく聞く

相手の話をよく聞くことはコミュニケーションでは基本的なことです。

人というのは「話をしたい生き物」です。

誰かに自分の話を聞いてほしいという欲求はどんな人にもあります。

それを素直に受け止める姿勢がある人ほど好かれる傾向があります。

そして、「聞き上手」の人は話をするのが上手いと思われます。

もちろん、話をしたい欲求はあなたにも当てはまります。

しかし、思ったことを一方的に話すのはあまりよくないです。

それは相手に「しつこい人」と思われてしまうからです。

そう思われないためにも相手の話をよく聞き、それに対して自分の意見を言うようにしましょう。

 3、表情は豊かにする

表情を豊かにすることもコミュニケーションには必要なことです。

相手の話を聞き、笑ったり、笑顔になることで相手側は

「自分の話は面白い」「この人と話をしていると面白い」

と思うようになります。

そう思った話し相手は「次会う時もこの人と話がしたい」と思うようになるでしょう。

それに無表情よりも笑顔のほうが印象が良いですからね、、、

対面で話をしていると自然に相手の表情やリアクションを気にしているので表情を豊かにすることは重要ですね。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

コード スニペットをコピー

コメントを残す