会話が苦手なのは病気それとも障害?5つの原因と克服法を紹介

初対面の人と会話が続かない、友人といても話が途切れてしまう経験はありませんか?

会話が続かない、苦手と思ってしまうのは自分がコミュ障、コミュニケーション不足だからと思い込んでしまい、あきらめたり落ち込んだりしているからかもしれません。

どうしても会話が続かないとなんだか居心地が悪くなり、その場から立ち去りたいという気持ちが出てしまいますよね。

でも、しっっかりと原因を見つけることで自然と苦手としている会話を克服することができるのです。

そこで今回は、会話が苦手な人に共通する原因を分析し、克服する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク



会話が苦手な人に共通する5つの原因と克服の仕方

 相手の会話の内容や話題に興味が持てない

会話の内容に興味が持てないと、どうしても会話が途切れてしまいますよね。

興味がないからどう返事をすればいいのか分からなくなり、どうしてもそっけない返答をしてしまったりして沈黙が続くかもしれません。

逆に、会話の内容が興味がある事であれば自然と相手の話を聞き、会話も自然に続くのではないでしょうか?

というのも人はどうしても興味のあるものにしか反応をしめさないのです。

それは相手も同じで話している内容が興味ないことであれば関心を持たないのは当たり前な事なのです。

そのことを踏まえた上で相手の話に興味を持つには「聞く姿勢」に重点を置くといいでしょう。

相手が楽しい、心地よいと思わせるのには相手の話にリアクションすることが重要です

たとえば、相手の話を聞いてその返答に「ふーん」「そうなんだ」「へぇー」と答えるだけだと相手側は「この話はつまんなかったんだ」と認識してしまい話を辞めてしまいます。

そこでもし、相手の話をしっかり聞き、その内容に対して質問なり、自分の意見なりを添えると、相手もそれに対ししっかりと答えてくれます。いかに相手の話を聞き、それに対して質問や自分の意見を言えるのかが会話をするコツでもあるのです。

行動範囲が狭く、話題が少ない

行動範囲がいつも同じだと新しい刺激はあまりないものです。

いつも同じような朝食を食べて同じような仕事をして家に帰ったら寝る。

こういう何も変化がない毎日を過ごし、いざ休日になって友人と話をしたとしても何を話していいのかわからなくなります。

やはり何か行動して話題を見つけないと、話すにしても話題が尽きますからね。

そういう時は「一日に何か違うことをしてみる」ことを心掛けましょう。

たとえば、朝食は家で食べるのを辞めてカフェに行って朝食をとる、仕事場では自分から話しかける、家に帰ってからはレンタルショップで借りた映画や撮りだめた番組を見てみる、等一日にちょっとした刺激を加えるだけで話題も増えていくものです。

話題が増えれば友人と会話する際に映画の話なり職場の人の話なりいろいろな話題が増えて話すのにも困らなくなるでしょう。「一日に何か違うことをしてみる」と自然と話題も増えていくでしょう。

沈黙を恐れてしまう

沈黙が苦手な人というのは相手に対する気遣いや沈黙に恐怖する心境があります。沈黙が続いてしまうとどうしても「私といてもつまらないのかなぁ」「何か面白い話題を話さないと」という心理が出てしまい話すのにも苦労してしまいます。

しかし、沈黙というのは家族、恋人、友人等どんな人であれ必ずあるものです。これは事実ですので無理をして話題を振ったり、突然話題を変えたとしても逆効果です。

なので沈黙がある間を恐れずに次に話す内容を考えたり、相手の様子をうかがったりして会話の機会を見定めましょう。

私も沈黙というのは苦手でどうしても新しい話題を考える前に話を振ってしまいがちです。大抵内容がない会話になってしまうため話が途切れてまた沈黙が訪れる感じになります。

でも、少し沈黙を恐れないだけで「少し黙っていてもいいか」「次は何を話そうかな」という余裕が生まれてくるのです。たとえ沈黙が長かったとしても決して相手が自分のことを嫌いになっているわけではないので心配する必要がありません。

沈黙はどんな人にもあることと認識し沈黙を恐れなくなると会話にも余裕が生まれて自然にコミュニケーションが取れるようになるでしょう。

スポンサーリンク




自分の話した内容に自信がない

会話の内容がつまらないのか、面白いのかは相手の気持ちになってみないとわかりません。

たとえ自分では面白くない話題だと思っていても相手にとっては面白いと感じるかもしれません。

話が苦手な人の原因には会話の内容が面白いか、面白くないかを気にしてしまい、会話することに自信が持てなくなっている事が考えられます。

逆に、自分の興味のある事を話す人は、興味ある内容のことはよく話せますのでうれしくなったり、楽しくなったりしていくらでも話せます。

そういう人の心理にはおそらく自分の話を聞いてほしい、自分の興味があることを相手にも共感してほしいという心境があるため、話すことに自信が生まれているのです。

どんな内容の会話であっても相手の興味、関心の違いによってそれが面白く感じたりつまらないと感じたりします。それはどんな人も千差万別です。

なので、自分の話す内容に自信をもってその内容がつまらないだとか面白いだとか考えずに勇気をもって話題を振ると良いでしょう。

自分の好きな分野、得意分野の話だけをする

先ほど自分の好きな話をしている時というのは自信が生まれて次々に話してしまうと書きました。

これは一見会話にはいいことだと思うかもしれませんが自分の話に熱中してしまうあまりに暴走してしまうことはNGです。

コミュニケーションというのは一対一の関係で成り立っているものです。そこでもし自分語りに浸ってしまい相手の意見や話すことをねじ伏せてしまうと対等な関係になりません。

むしろ自分が主体になってしまい、相手が遠慮してしまう形になってしまいます。これでは対等な関係にはならないため話していても相手にとっては面白く感じないでしょう。

そうならないために相手の様子や意見をしっかり見て話をすると自分語りで終わらずに済みます。どうしても自分の詳しい内容を話している時というのは全力で話してしまいがちですが少し落ち着いて話してみると自分が失礼な態度を取っていないのかが分かってくれでしょう。

まとめ

会話が続かない人やできない人というのは現代社会で急増しています。それはコミュニケーションをとる機会が失われつつあるために起こるものなのです。

これはある意味、社会問題のような感じですがコミュニケーションが取れないからといって会話する機会を遠ざけてしまうと人とのつながりがなくなってしまいます。

コミュニケーションは生きていくためには必要なスキルです。このスキルがあまりない人は場数を踏んで自分から会話する機会を見つける必要があります。

今回、会話が続かない人の特徴や改善策を紹介していきましたがこの記事を読んでいただいたからといって会話力が上がるものではありません。この記事で書いたことはあくまでも方法なのでそれを試していかないかぎり会話力は身につかないのです。

そのために会話する場数を踏んで実践していただくことで自分なりの会話力が身に付くでしょう。最初からうまくしゃべろうとせず少し注意しながら会話すると自然に会話が続くようになるでしょう。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す