会話が続かない人に共通する7つの特徴とは?

何気ない世間話にも関わらず、会話が途中で切れてしまう経験はありませんか?

初対面の相手とどんな話をすればいいのか分からなくなったり、親しい友人ともうまく会話が続かなかったりするなど、会話が続かなくて悩んでしまう方はけっこういるかと思います。

そこで今回は、会話が続かない人に共通する特徴をいくつか紹介していきますので、その中で自身に当てはまっていないかどうか判断してもらい、意識して改善するようにしましょう。

スポンサードリンク



会話が続かない人に共通する特徴

N866_sikamettura_TP_V
学生生活や仕事、プライベートにおいてコミュニケーションは避けて通れないものです。

やはり、人間関係を築く上では会話が必要ですし、会話を通してお互いを知ることができるので、コミュニケーションを取る事は必要不可欠です。

ですが、コミュニケーションが苦手、会話が続かないと悩んでしまう方の多くは、コミュニケーションを取る事自体に抵抗感を持ってしまいがちです。簡単に言うと「慎重派」なタイプの人が多いかと思います。

ただ、会話が続かない人には共通する特徴がありますので、自身に当てはまる点を確認するためにもしっかりと特徴を理解することから始めてみましょう。

人見知り

顔見知りや親しい人との間ではスムーズに会話ができても、初対面の相手とは会話が続かない人は多くいます。いわゆる「人見知り」をしてしまう方ですね。

このような人に見られる傾向としてあるのが、自分から話題を振るのが苦手なところがあります。

相手から話を振ってもらう分には抵抗感がないものの、自分から話しかけたりすることに、つい萎縮してしまう特徴がみられます。

その結果、返答はできるものの、自分から話題を持ちかけることがなかなかできず、会話が続かないことに繋がってくるのです。

ただ、人見知りをする人は話題を持ちかける事が苦手なだけであって、話す内容が全くないわけではありません。むしろ、会話の中でも話題を探そうと頭の中で必死に考えようとします。

ですが、会話を続けることだけに必死になってしまうので、どうしても受け身になってしまい、自分から話題を持ちかける事ができずに終わってしまいます。

ですので、自信をもって自分から話題を振る事ができれば、会話が自然と続くようになります。

相手に気を使いすぎる

相手に気を使いすぎてしまい、話題を振るのが苦手な人もいます。

相手の話を優先するあまり、自分から話題を振る機会が減ってしまい、会話が続かなくなってしまうのですね。

確かに、人間関係でお互い気を使う気持ちは大事ではありますが、気を使いすぎてしまうのはかえって逆効果となります。

相手側も会話がスムーズにいくように話かけていますので、ある程度の返答は必要です。

ですので、相手に気を使いすぎてしまう事はかえって損することになりますので、あまり気を使いすぎず、自然な態度で接する事をおすすめします。

スポンサードリンク




空気を読み過ぎる

周りの空気を読み過ぎてしまうあまり、なかなか自分から話せなくなってしまう人がいます。

一対一であれば自然に会話はできるものの、それが多数相手になると口ごもってしまう。これも会話が続かない人に共通する特徴です。

確かに、周囲に気を使ったり、空気を読んで相手の話を遮らないようにしたりする心遣いは大切です。

ですが、会話はお互いに意見を出し合い尊重し合って成り立つものなので、片方が空気を読み過ぎるのはかえって不自然です。

ですので、自然なコミュニケーションを取るにも空気を読み過ぎず、タイミングを見計らって自分の意見はきっちり言えるようにしましょう。

自信がない

自分に自信がない人はどうしても会話が続かなくなってしまいます。

というのも、相手の顔色を伺いながら会話をする傾向があるため、スムーズなコミュニケーションを取りづらいのです。

「この話題は相手の気に障るのかな」「相手に失礼な態度になってないか」と気にしてしまううちに、ぎこちない会話になってしまい、あやふやな返答をとってしまうようになります。

その結果、「自分から話しかけるのはやめよう」と思ってしまい、会話が続かなくなることに繋がってしまうのです。

ただ、自信がない人は相手側が普通に接してくれる人だと認識できれば、きちんと会話ができるようになるため、初対面の人は苦手であっても、親しい関係であれば比較的スムーズにコミュニケーションがとることができます。

相手に興味がない

会話が続かない人の中には「相手に興味がないからそこまで会話が続けなくてもいい」と考える人もいます。

ただ、どんな人にも素っ気ない対応をするのかというとそうではありません。

自分が興味のある内容であれば会話が続けることができるため、こういったタイプの人は相手が関心の持てる話を提供するといいでしょう。

そのためにも、相手の趣味や好みをきちんと把握し、会話の中でそのことに触れてみると自然と会話を続けることができます。

反応が薄い

あまり興味のない内容になると、ついリアクションが薄くなってしまうかもしれません。
ですが、反応が薄いとなると「話が詰まらなかったのか」と相手を不安にさせてしまう可能性があります。

どんなに相手が話題を振っても、それに対する反応が「わかりました」「そうですか」と素っ気ない感じであれば、当然のことながら会話は続きません。

やはり、誰しも自分から話しかけることに不安があり、勇気がいる事です。

また、リアクションを取る事も同じく、自分の意見を言うのにはある程度不安はつきものでしょう。

会話が続かない人は自分を相手に見せることに少なからず抵抗感がありますから、会話の中での反応も薄くなってしまいがちです。

ただ、それだと相手を不安にさせてしまいかねないので、好印象を残すためにもリアクションはきちんと取るようにしましょう。

会話を途切れさせてしまう

会話そのものを途切れさせてしまうとは、つまり相手の話を広げられずに沈黙してしまう事です。

よく、「会話はキャッチボール」と例えられるように、相手から受け取ったボールを投げなければキャッチボールはできません。

相手の話を聞いて広げられないという事は、キャッチしたボールをずっと手元に持っている感じです。それだと、キャッチボールをすること自体意味がありませんよね。

ですが、相手にボールを投げ返す事はそんなに難しいことではないのです。

会話であれば相手から受け取った情報の中から掘り下げて話題を見つけ、また相手に返せばいくらでも話は広がります。

なので、もし相手から話題を振られた場合は話を広げるチャンスと思ってもいいです。

話題を広げることに苦労している方は、まず相手の話をきちんと聞くことから始めましょう。その中から広げられる話題をどんどん見つけ、相手に疑問を投げかける事ができれば、相手もそれにきちんと答えようとするでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は会話が続かない人に共通する特徴をいくつか紹介していきましたが、当てはまるものは見つかったでしょうか?

会話を続けるにしても話題を広めるにしても、積み重ねの努力が必要です。

ですので、もし今回紹介してきた中に当てはまる特徴が見つかったのであれば、まずはそれを改善する事から始めてみましょう。

そのうえで、コミュニケーション能力を高める努力をすれば飛躍的に会話が続くようになります。

なので、努力することを怠らず、原因を改善することから始めてみましょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す