仕事、勉強に意欲がわかないときの原因と3つの対処法

仕事をする気になれない、勉強する気になれない、、、

そんな気持ちになったことありませんか?

おそらくほとんどの人がそんな気持ちに一度はなったことがあるでしょう。そういう何もしたくない時ってあるかと思います。

だからと言って放置しておくわけにいかないから、「どうしよう、どうにかしなきゃ」と焦ってしまうのです。今のその状況から脱しないといけないと思うから人間は悩んだり、苦しんだりしてしまうのです。

そこで今回は、意欲が出なくてどうにかしないといけないと悩んだり苦しんでいる人のために、

意欲的に仕事や勉強が出来るような対処法を紹介していきたいと思います。

意欲がわかない原因と理由

OMG151018110I9A1844_TP_V

意欲がわかないとは、つまり「やる気が出ない」ということですよね。

やる気は自分の中にある気持ち、感情です。これは内から出てくるものと外から受けるものとが混在して成り立っています。内的要因とか外的要因と言われています。

気持ちを左右するほとんどが外的要因を受けて、その受け取ったものに対して内的要因、つまり自分の感情が生み出されています。外的要因がなければ心を無にすることもできますが、生きているうえで、これはなかなか難しいものです。

意欲の有無はすでにそういった気持ちが存在しているので、意欲が無いというのは心が無の状態ではありません。そういう心の有る状態はそれをコントロールするかしないかで変化するわけです。

意欲がわかないのは、多かれ少なかれ何かしらのストレスを感じているからでしょう。外から受けているものに対してのストレスです。それを自分で苦痛に感じるように受け取るから心がそういう状態になるのです。

仕事や勉強の意欲がわかないときの3つの対処法

目標の設定を変えてみる

仕事や勉強は課せられていることがほとんどです。それに対してどれだけ自分が応えられるか、結果を求められているから、やらされている感を強く感じてしまうのです。

人間は強制されるのを本能で排除したくなるものです。誰でも辛いのは嫌ですからね。

その辛いと思わせている課題を全面的に受け止めることは大事なことですが、それをそのままにせず、自分が飲み込める程度に小分けしましょう。

最終的に求められている結果に至るまでの通過地点を設定していくことで、達成感を味わう回数が増えていきます。小さければ小さいほど効果的です。

達成感をあじわうのは、自己肯定をしながら取り組めるということなので小さな目標設定は大切です。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2

コード スニペットをコピー

コメントを残す