仕事でイライラが止まらないのは病気?原因とは?

何か悪いことをしている自覚もなく、唐突にイライラすることはありません?

今はストレス社会ということもあり、ストレスの元となるものはたくさんありますが、それが当たり前になっているためその原因は何なのかと突き止めることはしないでしょう。

それほどストレスの元となる要素が多いというわけです。でもいくらイライラしてもその原因がわからなくては解消できないでしょう。

そんなイライラの原因が見つからない方へ今回はイライラの原因を追究していきたいと思います。

イライラの原因は自分が生み出している

考える

イライラの原因がわからないと思う人は多いかと思いますが、そもそもイライラとは何なのでしょうか?

苛々を調べてみると

「自分の思うとおりに進まないために,焦って心が落ち着かないさま」(weblioより)

と出てきました。

思うようにならないとは自分の願望や希望にそぐわないことです。人は自分の思い通りにいかないとイライラしてしまうものです。

私も学生時代はイライラすることが多かった思い出があります。学生時代はサッカーをしていましたがレギュラー争いが激しく、メンバーに選ばれなかったときは毎回イライラしていました。

何か理不尽さのようなものを覚え、「こんだけ練習しているのに何でメンバーにすら入らないのか」といら立っていました。

そのイライラが勉強にも影響し、イライラとともに「頑張っても意味ないか」といったようなあきらめの感情さえ出てきました。

それほどイライラが起こす影響力は大きいもので、一度イライラしたら歯止めが利かなくなり、どんなことでもイライラしてしまうようになります。

このようにイライラとは自分で作り出している感情でもあります。どうしても周りの環境が原因だと思ってしまう人も多いかと思いますが、そもそもイライラしているのは自分なのです。

自分では気づきにくいかもしれませんが、「なぜイライラしているのか?」と自分に問いかける必要があります。イライラの原因を突き止める第一歩は自分に問いかけることなのです。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

コード スニペットをコピー

コメントを残す