人見知りの原因、特徴から分かる効果的な克服法とは?

「誰とでも気さくに話しかけられる人が羨ましい、、、」

人見知りの人であれば誰しも思うことですよね。

そういった気持ちが沸いてくると「自分は皆とどこか違うのではないか」とつい自問自答してしまうものですね。

ただ意外にも社交的に見えて昔は人見知りだった人がいたり、同じように人見知りで悩んでいたりする人ってかなり多いと思うのです。

では、人見知りを克服した人たちはどうやって克服できたのか、その克服法と共に人見知りになる原因から特徴を紹介していきます。

スポンサーリンク



どうして人見知りしてしまうの?

初対面の人と会話するときって緊張してしまいますよね。

または人と目を合わせて喋るのが苦手だったり、人前で話すのが苦手で口ごもってしまったり、人見知りのパターンも人それぞれ異なるかと思います。

環境に何かしら変化があるとつい萎縮してしまうのは人間の本能のところがあるので、初対面が緊張するのは誰しも共通する部分でしょう。

その人間に警戒心が備わっていることから「誰しも人見知りをすることは当たり前」とも言えるかもしれません。

ただ、人によっては過去の人間関係のトラブルで人との関わりが苦手になってしまった方もいます。

社会生活に支障をきたすほどのトラウマがそうさせてしまっているとも考えられるので、一概に人見知りは当たり前とも言えないのも事実です。

ただ、過去に人間関係でトラブルがない方で人見知りをしてしまうのであれば、その警戒心は人本来のものと考えてもいいかもしれませんね。

人見知りに共通する8つの共通点、特徴


ここからは人見知りの人にありがちな特徴をいくつか紹介していきます。

おそらく人見知りの方であれば、普段の対人関係で気を付けているものがあるかと思いますが、ここで今一度人見知りの人に共通する特徴を再確認し克服するようにしていきましょう。

周囲の目を気にする

周囲の目を気にするあまり萎縮してしまう事はありませんか?

人見知りの方は会社での飲み会など人数が多いところにはあまり行きたがらない傾向にあります。

あまり目立った行動はしたくない思いから集団になると萎縮してしまい発言ができなくなってしまうのです。

そういった心情からなるべく飲み会、同窓会など人が集まる場に出向くことに苦手意識が働き、積極的に参加するどころか誘いがあっても断ってしまうのです。

ただ、本心は集団に打ち解けていきたいと思っているので人見知りならではの辛いところですね。

初対面の相手につい萎縮してしまう

おそらく人見知りの人に限らず、誰しも初対面の人と会話するのに抵抗感があるはずです。

逆に初対面の人でもフランクに話せる人の方が少数でしょう。

ただ、誰しも最初は少なからず人見知りはするものの、ある程度話せば打ち解けていくものです。

あまりに人見知りが酷い人になると初対面の人と話すことさえ避けてしまったり、自分の言いたいことが言えなくて相手の話を聞いてばかりいる場合もあります。

ここまでになると人見知りよりは「対人恐怖症」の症状に近いので、極度な人見知りには十分注意が必要です。

もし初対面の人に少し抵抗感を感じくらいであれば、時間をかければ徐々に仲良くなりますのであまり焦らななくても大丈夫です。

自分に自信がない

人見知りの人は生まれつき自分は控えめな性格だと思うかもしれません。

一概に生まれ持った性格や環境がそうさせているとも言えなくもないですが、自分に自信が持てないから人見知りになってしまっていることも考えられるのです。

たとえ周囲から褒められたとしてもつい謙遜してしまったり、納得できなかったりするのは自分に自信が持てていないからかもしれません。

あまり自分に自信が持てないと周囲の目を気にしたり、自分の発言に自信がもてなくなったりしてしまい積極的に人と関わる事を避けてしまいます。

人見知りの方は自尊心が低いから人とうまく関わりが持てなくなっているのかもしれません。

人によっては人間関係で過去にトラウマや精神的なストレスが原因で自分に自信が持てなくなってしまった事もあるので、何かしら心の悩みが人見知りを助長させている場合も考えられます。

他人と比較する

人見知りに限らず、人は他人と比較する事で自己評価をするものです。

他人と比較をすることで、自分の現状、立ち位置を理解できるようになるため、安心感を得られることがあります。

ただ、人見知りの人は自分に自信がない事から、他人と比較する傾向が強いため、常に人の評価ばかりを気にしてしまいます。

そうなってしまうと、評価を気にするあまり普段通り人と接する事が辛く感じてしまうかもしれません。

人間関係が狭い

人見知りの人は自分との相性をじっくり見極めてから、人間関係を築きます。

なので、交友関係は狭くても特定の人と深い人付き合いをする傾向があります。誰とでも仲良くなれるというより、趣味や考え方、雰囲気が似ている人と仲良くなれるため、最初に自分と合うのかどうかを見極めるのに時間がかかります。

そのため、最初は警戒心が強くても、自分と趣向が似ている人と判断できれば、打ち解けるのも早くなるでしょう。

人から嫌われるのを恐れている

どんな人でも人から嫌われたくないと思うものです。

ですが、人見知りの人の場合、嫌われる事を極度に恐れているため、嫌われないように無理に接しようとします。

なので、他人と話が合わないのに無理をして付き合ったり、話を合わせたりしてしまうのです。

おそらく、「他人から嫌われる=自分が否定されてしまう」心理があるため、人から嫌われることで自分に価値を感じなくなってしまうと考えているのかもしれません。

だから、他人から嫌われる事を極度に恐れてしまうのです。

自分から話す事が苦手

人見知りの人は自分に自信が持てない人が多く、自分の意見を言うのが苦手です。

また、人から嫌われる事に恐怖心を抱いているため、嫌われたくないからとなるべく自分から話す事を避けてしまいます。

本当は自分からいろいろ話したい心理にあるものの、それができない矛盾が人見知りの人を苦しめているのかもしれません。

何を話せばいいのか分からなくなる

人見知りの人は自分から話すことが苦手であり、心の中で嫌われたくないという心理があります。

そのため、頭の中で話題を取捨選択し、相手の気分を害さず、自分自身も嫌われないような無難な話題を必死で探しているのです。

ただ、そうなると段々話す話題がなくなり、結果として何を話せばいいのか分からなくなり、沈黙してしまうのです。

スポンサーリンク




人見知りを克服するには?


ここまで、人見知りをする原因から共通する特徴まで紹介していきましたが、共感できるところはありましたか?

最後に人見知りを克服する方法について紹介していきます。

自分の性格と向き合う

人見知りを克服するためには先ず行ってほしいのが、「自分の性格と向き合う事」です。いわば「自己分析」をしてみる事です。

自分の長所は気づきにくいもので、「自分はこういう性格だから」とつい悪いところばかり目が行きがちになりますが、案外思い過ごしという事もあります。

自分の事を人見知りと思う方であれば、「人見知りであるから人付き合いが苦手なんだ」と思うかもしれません。

ですが、冒頭にも書いた通り、世の中の人のほとんどは人見知りです。たとえ、極度な人見知りの方でも焦らず時間をかければ、人と打ち解ける事ができるのです。

また、集団が苦手であっても、少人数だったら気楽という方もいます。そうであるなら、無理をして集団に合わせなくてもいいのです。

自己分析をすることで、自分にあった人付き合いの仕方が浮かんでくると思います。自分に合わない方法で人付き合いをしようとするから苦手になっているのかもしれませんね。

リラックスを心がける

人見知りの人は警戒心が強いため、環境の変化に敏感です。

初対面の人と打ち解けるのに時間がかかったり、つい萎縮してしまったりするのは警戒心が強いがためにそうなってしまっているのだと思います。

ただ、常に警戒心が強くて環境の変化に敏感のままだと、緊張状態が続いて辛く感じるでしょう。

なので、少しリラックスした気持ちで接するように心掛けてみてはいかがでしょう。

「別に人から嫌われても問題ないかな」とちょっと雑な考え方をしてみると、少しはリラックスできるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人見知りの人は「自分だけどうして人見知りが酷いんだ」と悲観しがちになるかと思います。

ですが、この記事でも書いた通り、人見知りなのはあなただけではないので安心しましょう。

そして、人見知りは何も悪い事ではない事も理解しておいてくださいね。

人見知りなのは当たり前と思う事で、人見知りを何とか治そうとするより、受け入れるようになりますので、それから徐々に克服してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す