人付き合いの苦手意識を克服するための5つの心得

人付き合いが苦手だと何だか人生損している気分になりますよね。

社交的になれたらいろんな人と関われるようになりますし、何より人と話すのは楽しいですからね。

ただ人付き合いが苦手な方も人と全く関わりを持ちたくないわけではないのが本心ですよね。

人との接し方が不器用なだけであって、どうやって自然に接すればいいのか模索しているのだと思います。

そこで、今回は人付き合いが苦手という方へ克服法をいくつか紹介していきます。

スポンサーリンク



人付き合いの苦手意識を克服するための5つの心得

「苦手だから」と意識しない

人付き合いが苦手と意識しすぎると自信がなくなってしまいます。

確かに「そもそも人付き合いが苦手だから自信が持てない」と思うのは分からなくもないですが、それでは単に苦手意識を理由にしているのと変わりがありません。

おそらく「もっと人と関わりたい」というのが本心だと思いますので、まずは自分の気持ちに素直になる練習をすることが苦手意識を克服する第一歩となります。

やはり自分の本当の気持ちを抑え込んでしまっていては人との接し方もぎこちなくなるのです。

なので、できない自分を意識せず、ありのままの自分で接するように心がけましょう。

相手の感情を深読みしない

相手の感情を深読みしすぎるあまり、言いたいことが言えなくなってはいませんか?

相手の気持ちを考える事はいい心がけですが、相手の感情まで読み過ぎてしまっては逆効果です。

相手の気持ちを読み過ぎて謙遜してしまっては、自分の言いたいことが言えずじまいに終わってしまう事が大半なのです。

また、人の感情は「どんな事を考えているのか」と想像できても読む事はできないので、気持ちを深読みすること自体、あまり意味のない事なのかもしれません。

よく「相手の気持ちになって物事を考える」事が美徳のように言われますが、相手の気持ちを深読みする事ではないため、注意が必要ですね。

嫌われないかは気にしない

人から嫌われたくないから自分の意見がなかなか言えない人は多いかもしれません。

ですが、相性はもちろん、性格も合う合わないがあるので、無理に付き合ってしまうと返ってストレスがたまってしまうことになるかもしれません。

また、自分の発言で相手が不快な思いをするのではないかという恐怖心があると、自分の本心を表に出せず、仮面を被ったように人と接するようになってしまうかもしれません。

ですので、人それぞれ性格が異なる以上、嫌われても仕方がないといった前提で接すると少し気が楽になるかと思います。

スポンサーリンク




沈黙を恐れない

会話をしている中で沈黙があると、何だか気まずくなりますよね。

ですが、その気持ちは相手も同じです。

たとえ仲の良い友人であっても沈黙になる事はよくあるので、あまり気にしない事が一番でしょう。

沈黙を気にしすぎて、無理に話題を振っても話が広がらない事はよくあることなので、沈黙は恐れず当たり前と考えるといいかもしれません。

ありのままの自分でいる

人付き合いが苦手という方は、緊張した姿勢でいる事が多いです。

常に緊張状態であるため、会話にもぎこちなさが現れたり、無理に気を遣いすぎたりしているのかもしれません。

ですが、緊張状態が当たり前のようになってしまうのはストレスに繋がり、人付き合いに苦手意識も芽生えてしまうため、気をつける必要があります。

もちろん、職場の上司や初対面の人と接する時は少なからず緊張感が出てしまうものなので、致し方がないのですが、その状態が続いてしまうのはあまり良くないでしょう。

なので、もし人付き合いに緊張したときは「ありのままの自分」で接するように意識してみてはどうでしょう。

あまり気を遣いすぎず、ありのままの自分でいると、ストレスなく、人付き合いができますので、苦手意識もなくなってくるでしょう。

それでもし、嫌われたとしても自分とは合わない性格だと思えるようになりますので、無理に性格が合わない人と付き合い続ける事もなくなるかと思います。

ただ、人付き合いが苦手な方がいきなり自然体になるのはなかなか難しいと思いますので、人付き合いの中で少しずつ意識してみる練習をすると良いかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人付き合いの苦手意識を克服する方法をいくつか紹介していきましたが、苦手意識を克服するためにはそれ相応の時間と経験が必要になります。

なので、上手くいかない事もあるかと思いますが、人付き合いにも失敗は付き物なので、あまり失敗を恐れず、自分を変える姿勢を大切にしていくと徐々に克服できるようになるでしょう。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す