引き寄せの法則で恋愛、復縁を成就する前兆や兆候

誰しも心のどこかで「運命の赤い糸」を信じているかもしれません。

でも現実的にみるとそんなものは存在しないと思うのも致し方がないことです。

理屈で何もかも上手くいけば誰も苦労しませんからね。

ただ、自分の感じたことをありのまま受け止め、それに従って動いていると、感覚が鋭くなります。つまり、人間に備わっている「感」を信じてみるという事ですね。

この鋭さを実感すると出来事の前兆や兆候をいち早く察知できるのです。

そこで今回は、そういった前兆や兆候を素早く感じ取り、恋愛や復縁を引き寄せるための方法を紹介していきます。

前兆や兆候を見逃してしまうと、せっかくのチャンスも逃してしまいます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク



引き寄せの法則と恋愛の関係性

恋愛

理由はわからないけれど全く初対面の人に魅力を感じる事はありませんか?

この感覚は潜在意識がすでに引き寄せている事を表しています。

ですが、多くの人はそのことを理解せず理屈で考えようとしてしまうため、せっかく引き寄せても離そうとしてしまうのです。

人を惹きつける力がある人は、理屈ではなく潜在意識で動かしています。

自分の感覚を信じている人はその時に感じた違和感を大切にするので、間違った場所に自分を導くことなく、感覚をたよりに適切な判断を察知します。

ですので、自分が感じたことをそのまま受け止めてる感覚が身に就くと、良いことも悪いことも察知し、実際に当たるようになります。

こういった感覚を受け入れられずに理屈的に考えてしまうと失敗に終わってしまうのです。

恋愛も同じです。

潜在意識の感覚を信じることで、感性や感覚が鋭くなります。理屈で考えて「ダメかもしれない」と思った時点で引き寄せていたものは離れていくのです。

引き寄せの法則と恋愛はとても密接に関わっている事を理解すると、理屈的に考えることなく自然体で引き寄せる事ができるようになります。

スポンサーリンク




恋愛や復縁成就の前兆や兆候

引き寄せの法則と恋愛には密接な関係があり、自分の感覚を頼りにしてみる大切さを先ほど紹介していきました。

ただ、引き寄せの法則をより実感するには、兆候を見定め判断する必要があります。

恋愛だけでなく、どんな物事にも兆候が表れる事があります。

兆候とは、「いつもと違うな」「このままいけば上手くいくのでは?」といった感覚です。

少し抽象的に言いましたが、おそらく皆さんもこういった異変や違和感を感じたことがあるかと思います。

では、恋愛にはどういった兆候があるのかを見ていき、どう引き寄せるのかを紹介いていきます。

偶然の出来事

こんなところで会うはずもないと思っているところで偶然その人と会う。

そんな経験をした人もいるのではないでしょうか?

偶然なんてこの世には存在しません。自分、もしくは相手が引き寄せているのです。

でも、あまりそんな風に受け取ることをしないので偶然の出会いという理屈で片付けてしまうのです。

それだと偶然は偶然として終わってしまいます。

でも本当はこれが恋愛につながる前兆です。ここで引き寄せ続けられるかどうかは自分の意識の仕方で変わります。

起きると思っていなかったことが現実に起こっているわけですから理屈で偶然と片付けることはしないで、起こるべきことが起こったと受け入れましょう。

偶然は偶然ではないのです。その出会いには必ず意味があります。

その偶然を引き寄せるには、チャンスを引き寄せるために行動に移す事をおすすめします。

例えば、偶然気になる人を見かけたのであれば、声をかけてみたりするといいでしょう。

偶然気になる人を見かけたのは偶然かもしれませんが、その偶然を偶然のままで終わらせないためにも、勇気を出して声をかけてみるのです。

そうすると、チャンスを引き寄せる事ができるようになるので、また同じように出会う機会が増えてくるようになります。

いつもと違う感覚

考える

何かを選択する時、周りの意見や情報ばかり気にして自分の気持ちを丸め込んでいませんか?

今の社会の状況は、こういった自分以外の理屈が反映されて出来上がっています。だから人それぞれ不平不満が多いんです。

でも、自分の感覚というものを大事にしながら物事を決めるようにすると、自分の都合の良い状況を引き寄せられます。ほんのわずかでも自分の感覚を否定したら、その否定したものを引き寄せます。

もしも、いつもと違う感覚というものを感じたときは何かが起きる前兆です。

そういった時は否定することなく、その感覚を大切にしてください。起こるべきことを起こすためにも、その先のチャンスも自分の感覚だけが引き寄せているものなんです。

突然の変化

自分にとっては突然の出来事だとしても、それはいろいろな状況が積み重なって起きた出来事です。

その突然の出来事に対して細かく振り返ってみると良く分かります。必ずきっかけがいくつもあるのです。

このきっかけが前兆であり、突然の出来事が兆候です。

こういう見方が出来る人が冷静な人なんですね。そうなるであろうきっかけを見つける数が多いほど検討がつけやすくなるんです。

いつも突然に起こったとされる出来事に驚いてしまう人は、そうなるきっかけを見落としているし感じ取れていないんですよね。

初めは突然のことに対して遡ってみて、きっかけを見つけるようにしてみてください。感覚をつかむことから始めましょう。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

世間では賢い恋愛の仕方とか恋愛は考えてするものだとかいう人もいますが、恋愛、復縁は頭でするものではないはずです。心が動くかどうかなのです。

そんなことしていたら思考に遮られて幸せは引き寄せられません。

何もかも手にしている人が幸せを感じられないのは、頭で考えてばかりで自分の感覚よりも理屈重視だからです。

こういう人は前兆や兆候を察知出来ていませんから、全てが偶然と突然で生きていくわけです。

物事には必ずたくさんのきっかけがあります。

そのいくつものきっかけを線で結んでいくと繋がるように出来ています。繋がった時に頭をつかってその線を自分の思うように立体化していけば、自分自身の願いが形にできるのです。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す