引き寄せの法則は嘘?本当の使い方と意味とは?

「お金持ちになりたい」「幸せになりたい」「結婚したい」

人それぞれ願いはあるかと思います。

その願いを叶える方法が「引き寄せの法則」です。

書籍に限らずさまざまなところで取り上げられている引き寄せの法則ですが、本当に願いが叶うかどうか半信半疑の方も多いかと思います。

実践したみたけど、願いが叶わなかった人もいるかと思います。でも嘘ではないんです。

引き寄せの法則はきちんと意味を理解して、きちんと本当の使い方で実践すれば結果は必ず出ます。

そこで今回は、引き寄せの法則の本当の意味と使い方に関していろいろと紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



引き寄せの本当の意味とは?

YUKA150701098458_TP_V

引き寄せの法則で誤解されやすいのが「願えば叶う」という言葉でしょう。たしかに間違えではないのですが、願い方を誤解してしまうと失敗してしまうことがあります。

というのも、「~したい」「~になりたい」という願い方ではないのです。

こういった現実味のない言葉ではなく、「~する」「~になる」と言い切ることが大切です。

「自分はこうなりたいな~」という曖昧な願い方ではなく、「自分はこうなる!」といったように断定的に意識するといいでしょう。

もう一つ、誤解されやすいのが思考の使い方です。というのも引き寄せの法則は思考でするものではないんです。自分の心で引き寄せるんですね。

心が本能で思考が理性です。引き寄せの法則は良いことも悪いことも同じように引き寄せます。

つまり本能的に心が欲していたとしても、思考で理性を働かせてしまうがために本来求めているものと違うものを引き寄せてしまうのです。理性はもちろん大切ですが、引き寄せの法則は思考ではなく心が欲しているものを引き寄せないと意味がないのです。

例えば、お金が欲しいから「お金持ちになる」と願うとしましょう。そうすると、「そんな簡単になれるわけないよね」という思考が出てきます。これが引き寄せられない原因なんです。願い方を変えれば引き寄せるものは変わります。

あとは、引き寄せの法則を嘘だと思わないこと。

「絶対に引き寄せの法則はある!」「引き寄せてみせる!」「自分は出来る!」と信じることです。

引き寄せの法則の本当の使い方

引き寄せの意味を取り違えて誤解をしていたことが分かれば、今度は実践です。先ほどの考え方をふまえて本当の使い方を順番に実践していきましょう。

願いは希望ではなく宣言する

まずは自分の叶えたいことを願うことからです。

「~したい」ではなく「~する」とはっきりと宣言するんです。この時点で恥ずかしさや疑ってしまう心を持ってしまったらいけません。

人は本能よりも理性を大事にするように進化しています。それは秩序を守るためでもあります。

しかし、引き寄せの法則では何よりも自分が心から求めることが強いほど力を発揮するんです。感情に罪はないということです。

自分の心を明るい場所へ持っていく

何をやるにしてもポジティブな人は明るいですよね?こういった方たちは自分自身を心地の良い方向に持って行っているからです。

しかし、ネガティブな人はその逆です。自分自身を居心地の悪い場所へと導いています。

ものが見えるのは光が反射するからで光の当たる明るいほうへ行けば、暗いところにいるよりもたくさんのものが見えてきます。

それと同じで、自分の心が明るいと本当の自分をはっきり見ることが出来きます。

引き寄せの法則は使っていれば変化が見えてくるものです。心を明るい場所に持っていくことで、ひとつひとつの変化が目に見えるので確信に変わるわけです。ここまでくると疑う心をに邪魔されることが無くなります。

スポンサーリンク




自分と法則を信じる

引き寄せの法則を疑うという心が消えれば、あとは自分を信じて実践し続けるだけです。

周りが気になって自分をなかなか信じられない人が多いですが、もしかしたらこれが一番難しいのかもしれませんね。

謙虚と言えばきれいに聞こえますが、ここではそんな謙虚さは必要ありません。

「自分なんて・・・」と思ったり言った時点で、それを引き寄せてしまいます。「とにかく自分と法則を信じて絶対叶える!」という姿勢でやり続けてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もし憧れている人がいるのであれば、その人がどんなふうに過ごしているのか知ってみるのもいいかもしれませんね。

知ってか知らずかは別にしても、ここに書かれたやり方を実践しているはずなんです。だから成功しているわけなんですけどね。指をくわえて「いいな~」と思っている時間があるのなら、やってみることです。

疑いの目で見ながらその時間を無駄にしているくらいなら、その時間を自分自身に使ってあげるべきです。

変化を起こすためには何かしらが動かないと何も変わりません。そしてその変化をもたらすためには自分自身が動かないといけないのです。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す