文句、愚痴ばかり言う人の心理や特徴、上手な付き合い方とは?

いつも愚痴ばかり言う人と付き合うのって疲れますよね。

本人のいないところで何か嫌味を言ったり、ネガティブ思考で否定的な意見ばかり言ったり。

愚痴ばかり言う人は毎日不機嫌そうで、聴く側まで機嫌が悪くなりそうですよね。

そんな愚痴をこぼしやすい人は学校、職場等の集団に必ず一人はいるものですが、一体どんな心理で愚痴をこぼすのか気になるかと思います。

そこで今回は愚痴ばかり言う人に共通する心理を書いてみましたので、見ていきましょう。

スポンサーリンク



愚痴ばかり言う人の心理状態


愚痴ばかり言う人の心理はどんな状態なのか気になりますよね。

いつもイライラしているように見えて実は不安な気持ちでいっぱいなのかもしれません。

では具体的に見ていきましょう。

心に余裕がない

たまに愚痴をこぼしたくなる時ってありますよね。

何か仕事で辛いことがあったらつい友人に愚痴を言ってみたくなる。普段から愚痴をこぼさない人でもこういった場面はよくあるかと思います。

ですが、普段から愚痴ばかり言う人となると何だか不機嫌そうな感じがしませんか?

それもそのはず。愚痴とはストレス発散です。

愚痴を言う事で聴く側にストレスを押し付けているのと同じなのです。

なので、愚痴ばかり言う人は常に心に余裕がない状態であり、愚痴を言う事で心の平穏を保っているのです。

ネガティブ思考

愚痴ばかり言う人は、愚痴を言う事が習慣化されてしまい、本人は自覚していない人が多いです。

その理由として考えられるのが、ネガティブ思考に支配されているからかもしれません。

ネガティブ思考に支配されてしまうと、当然考える事がネガティブな事ばかりになります。

ちょっとしたことでネガティブな事を思い出し、自分の身に降りかかった不幸やマイナスな事ばかり口にするようになるのです。

愚痴の中でも他人に対する愚痴ではなく、自分に対する愚痴を言ってしまう人はネガティブな事を考える癖がついているかもしれません。

被害者意識が強い

被害者意識が強い人ほど愚痴をこぼしやすいです。

何か悪い事が起きるたびに「どうして自分だけ、、、」と被害者意識で愚痴をこぼしてしまうのです。

身に不幸が起こると「自分だけ」と思う人はわりと多いかと思います。ただ、被害者意識にとらわれない人は「まあ、しょうがないか」と受け入れる事ができます。

ですが、被害者意識が強い人は受け入れる事が苦手です。

なかなか楽観的になれないからこそ愚痴、文句という形で表現してしまうのです。

愚痴や文句は怒りの感情でもあるので、被害者意識があると周りのせいに思ってしまう事は多々あるのです。

自分の気持ちを理解してほしい

被害者意識が強い事と似ていますが、周りに愚痴、文句ばかり言う人は、自分の気持ちを理解してほしいのかもしれません。

自分の辛い気持ちや出来事を理解してもらいたいから愚痴、文句という形で表現しているのです。

ただ、あくまで欲しているのは「辛さを共感してもらうこと」ですので、話を聞いている側の意見やアドバイスはあまり期待していません。

むしろ、「よく頑張ったね」と励ましてもらう方を期待しているのです。

スポンサーリンク




文句、愚痴ばかり言う人との付き合い方


いつも文句や愚痴ばかり言う人の心理をいくつか紹介していきましたが、実際に話に付き合うのも苦痛に感じるかもしれません。

なにせ、次々に愚痴を聞かされるのですから、聞いている側としてはどうすればいいのか分からなくなりましよね。

アドバイスをすればいいのか、それとも話を聴くだけでいいのか迷うところかと思います。

愚痴を言う人の心理から考えると、欲しているものはアドバイスより、むしろ「共感」です。

一見、愚痴や文句は怒りに任せてイライラしているように見えるかもしれませんが、実際はネガティブな思考、不安でいっぱいなのです。

その状態でアドバイスをしても本人にとっては逆に苦痛になる可能性があります。

それよりも話を聴いて共感してもらう方が不安や不満が取り除かれるのです。

なので、愚痴ばかり言う人に適切なアドバイスをするよりも、ただ「話を聴いてあげる」と愚痴も減ってきて前向きな気持ちが出てくるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

愚痴、文句を言いたくなる時はどんな人にでもあるものですが、あまりに愚痴、文句ばかり言ってしまうのは周りの人に影響してきます。

もちろん、愚痴を言う事はストレス発散にもなりますので、良い側面もありますが、あまりに愚痴ばかりに言う生活は気持ちいいものではありませんよね。

もし日頃から愚痴をこぼしているなと自覚している人は今回紹介した記事を参考に気をつけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す