眼精疲労の症状をチェック。めまいや頭痛はどこからきているのか?

仕事柄、デスクワーク作業をしていたり、インターネットを見たり、或いは長い時間動画を楽しんだりと、現代人にとっては、パソコンやスマホの使用は日々欠かせない物になっていると言っても過言ではないと思います。

しかし長時間使うことで、眼に負担が掛かって、眼疲労は勿論のこと、酷くなってくると全身にまで不調が表れる眼精疲労になることもあります。

眼を酷使することで起こる眼精疲労とは、どんなものなのでしょうか。その症状や、全身に現れる症状についても、詳しく見てみましょう。

スポンサードリンク



眼精疲労とは。主な症状や原因

眼精疲労は、主に眼を使う作業を続ける事によって、眼の疲れ、眩しさ、物がかすんで見える等の不快な症状から、眼の痛み、充血などの放っておけない症状が出てきます。

酷くなると、めまいや頭痛などの全身症状も現れて、休息をとっただけでは改善されない程にまでなることもあります。

原因は他にも、度数の合っていない眼鏡やコンタクトレンズを使っている事で、眼精疲労の症状に悩まされる事もあるそうですので、眼に負担をかけることで症状が現れるのではないでしょうか。

眼精疲労の原因になっているものがないかチェック

眼精疲労になると、このように、眼の不快感や痛みなどが見られ、更には頭痛などの、眼とは違う箇所に症状が現れる訳ですが、この様な症状が出ているなら、ご自分の生活を見直してみましょう。

例えば、日頃からパソコンやスマホを長時間使用してはいませんか?デスクワークをしていて、眼薬を常備している方も、注意が必要です。暗い場所での読み書きも、眼にはよくありません。

眼鏡やコンタクトレンズを使っている方は、正しい度数の物を使っていますか?何年も同じ度数の物を使っている方でしたら、度数が変わっていて、今まで使っていた眼鏡やコンタクトレンズが合わなくなっているかもしれません。合わない眼鏡などで物を見るのも、眼には負担になっています。

眼の疲れの原因をそのままにしておくことは、視力の低下や、作業に集中できない事からくるストレス等を引き起こしてしまいます。

心当たりのある方は、眼に負担が掛からないように努めましょう。

めまいのタイプとその症状

眼精疲労で悩んでいる方で、めまいを訴える方もいるようです。眼精疲労が原因のめまいとはどんなめまいなのでしょう。代表的なめまいとの違いはあるのでしょうか。

めまいにはいろいろなタイプがあります。

立ちくらみは、特にこれといった病気になっていない方でも、疲れや栄養不足から経験したことがあるという人も多いのではないでしょうか。立ち上がった時などに、視界が暗くなって、突然意識が遠退くといったような症状です。

他に、体がふらふらふらついて、頭痛や痺れがあるめまいですと、浮動性めまいと呼ばれるもので、主に、脳の異常が原因である事が考えられると言われています。

それから、ぐるぐる眼が回る回転性のめまい。これは、三半規管の異常が原因のめまいなのだそうで、めまいと同時に耳鳴りがして、酷い時には吐き気を伴う事があるのが特徴なのだといいます。

眼精疲労が引き起こしているめまいは、眼精疲労が慢性的になり、体の血液の流れが悪くなる事で、ふらつきなどのめまいが現れやすくなるのだそうです。

ご自分が悩まされているめまいは、どんなめまいで、何が原因のめまいなのかを判断してみましょう。

眼精疲労からくるめまいの改善

眼精疲労が原因でめまいが現れている場合、めまいの他にも、眼の痛みや体の不調も感じられているのではないでしょうか。

眼の疲れを癒すために、暫くパソコン等の画面から離れて、眼を休ませましょう。

市販で売っている、眼を温めるグッズを使ったり、蒸しタオルを用意できたらそれを、僅かに熱い温度にして、眼を閉じて瞼にあてがってみてください。酷使した眼の周りの筋肉は、凝り固まって血流が悪くなっています。熱によって眼の周りの筋肉を解して、血流を良くする事で改善されますし、眼を閉じるだけでも、落ち着いてきます。瞼をなぞるように、指先で軽く押して解すのも良いです。

めまいが落ち着いてきたら、体を伸ばしたり、散歩に行ってみたりする事で、全身の血流を促進させてみることもお勧めです。

デスクワーク作業が長引く場合は、こまめに眼を休ませましょう。対策をしないでいると、めまいの症状が悪くなってしまう恐れがあります。会社から家に帰る事すら困難になるほどまでになってしまうと大変です。

スポンサードリンク




頭痛、吐き気は危険

さて、眼精疲労の症状をいくつかお話ししましたが、めまいの他に、頭痛と吐き気を訴える方もいると聞きます。しかし、これには注意が必要です。

というのも、頭痛、吐き気、眼の痛みがある場合、眼圧の上昇が考えられるのです。

眼圧が上がったら、怖いのは、緑内障という眼の病気です。放っておくと失明してしまう、恐ろしい病気です。

頭痛と吐き気に加えて、眼の痛みがあるのでしたら、必ず眼科へ行って、眼圧を調べてもらってください。

眼の痛みという症状も、確かに眼精疲労の症状にあります。だからこそ、どれもこれもみんな眼精疲労の症状だと自己判断してしまいがちで、大きな病気を逃してしまう危険があります。この点には、十分に注意してください。

肩凝りは眼精疲労の症状か?

よく、目が疲れて肩凝りも出てしまった。眼精疲労の症状かな、と思われる方もいると思いますが、眼が理由で肩凝りは起こりません。

仮に、眼が理由で肩凝りが起こるのであれば、眼を治すことで肩凝りが治ってしまいますが、そういうわけでもありません。眼科では、肩凝りの治療は行っておりませんからね。

しかし、現に眼精疲労で肩凝りの症状に悩まされている方もいるのですから、これは一体どういう事なのでしょうか。

考えられるのは、同じ姿勢をし続けたために現れる肩凝り、ではないかという事です。

すなわち、眼精疲労が肩凝りを引き起こしているのではなく、眼精疲労を引き起こしている状況(姿勢など)が、肩凝りも引き起こしている。という事ではないかと思います。

肩凝りは眼科ではなく、整形でみてもらいましょう。

まとめ

眼精疲労といっても、様々な症状があるようです。何でもかんでも眼精疲労が原因だと間違えた考えはもたずに、正しい知識の下で改善に努めましょう。

病名を付けるのはお医者さんです。症状の酷いときは、きちんと診断を頂いたうえで、症状を改善させましょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す