自信がない原因は親の育て方、幼少期の過ごし方に問題があるかも?

自分に自信が持てない時、何とかして自信をつけようと模索してはいませんか?

どんな方法を探したり試したりしてもなかなか自信が付かないのは辛いものですよね。

ですが、もしかすると方法を考える前に自己分析を怠っているために本当の自分が見えなくなっているのかもしれません。

自分本来の姿とは、育ってきた環境であったり、幼少期の過ごし方で形成されてきます。小さい頃から成人するまでに人間の人格を形成されるといっていいほど重要な時期です。

そこで何かしらの問題が生じたとき、人はその記憶を引きずったり、トラウマになったりするとんだと思います。その結果、自分に自信が持てなくなってしまうのかもしれませんね。

自信を取り戻す事はそう簡単な事ではありません。ですが、案外自分が生きてきた生い立ちを振り返り、「いつから自信がなくなったのか」と根本的な原因、問題を突き止めていくと、物事は解決する事もあります。

そこで今回は自信のない姿になった原因となる幼少期の過ごし方と親のしつけの問題点を紹介します。 「自信がない原因は親の育て方、幼少期の過ごし方に問題があるかも?」の続きを読む…