「うつ病」の傾向がある職場の同僚との3つの接し方

PAK24_kazehiitakamoshirenai1343_TP_V

「うつ病」は本人や家族だけの問題ではなく、仕事場でもさまざまな課題を抱えています。

休職や通院の配慮などの事務的な対応はもちろんのことですが、

うつ病の人と周りの人がどのように職場で接していくのかも課題になってきます。

時と場合によって何事も対応の仕方は変わってくるものです。

そこで今回は、うつ病と診断された人が職場にいる場合に、どのように接したら良いかについていろいろと紹介したいと思います。 「「うつ病」の傾向がある職場の同僚との3つの接し方」の続きを読む…

うつ病の人への3つの接し方とは?恋人や夫婦だから出来ること

TAKEBE160224530I9A0327_TP_V

恋人、夫婦関係という自分の大切な人がうつ病になってしまい、どういう接し方をしたら良いのか分からない方もいるかと思います。

最近では、うつ病に関する情報が書籍やテレビなどで多く取り上げられていますが、それだけ、うつ病で苦しい思いや悩みを抱えている人が多いということです。

うつ病の情報と言っても、うつ病の原因や症状、治療法といった患者向けの情報が多いため、うつ病は理解できても周囲の人は接し方がよく分からないままなのです。

うつ病は病名で一括りにされていますが症状は人それぞれ違いますし、その人の性格によっても変わってきます。

そこで今回は、うつ病の人がどんな気持ちなのかを取り上げながら、恋人や夫婦という関係だからこそ出来る接し方を紹介していきます。 「うつ病の人への3つの接し方とは?恋人や夫婦だから出来ること」の続きを読む…

その接し方で変わる!?「うつ病」の禁句とは?

PAK93_taikusuwariatama20140322_TP_V

「うつ病」に関してはいろいろな情報が多く溢れていますが、あまりに多すぎて困ってはいませんか?

情報があまりにも多いため、どうしたらうつ病を改善できるのか分からなくなるかと思います。

うつ病は悪化すればするほど本人だけではなく周りも苦しむことになります。

もうこれ以上、うつ病で苦しまないために大切なことがあります。それは「うつ病」を知ることです。

うつ病を知るということは患者さん本人だけでなく、支えてくれる周りの人たちも十分に理解する必要があります。

そこで今回は、うつ病を本当に理解するために必要な接し方に関していろいろと紹介していきたいと思います。

「その接し方で変わる!?「うつ病」の禁句とは?」の続きを読む…

ページ: 1 2

仕事中に影響してしまううつ病の7つの症状とは?

イライラ

仕事のストレス、人間関係などでうつ病を発症してしまう方はとても多いのですが、「もしかしたらうつ病なのかな」となかなか自覚しずらいのも事実です。

そこで今回は、うつ病をより理解してもらうため、仕事に影響するうつ病の症状をまとめてみました。仕事に影響してしまう症状を列挙したものなので、あくまでうつ病の症状の一部ではありますが、もし、当てはまるものがあるならば、手遅れになる前にうつ病を疑うようにしましょう。 「仕事中に影響してしまううつ病の7つの症状とは?」の続きを読む…

うつ病を克服するために必要な期間とは?

責める

うつ病はもはや現代病とも言われ、誰しもがかかる可能性のある病気です。

一般的に「心の風邪」などとも言われていますが、私としては「風邪よりも厄介なもの」だと捉えています。

というのも普通の風邪とは異なり、1日、2日で治るものではないからです。

最近では、メディアにも取り上げられ少しづつ認知されつつあるうつ病。

しかし、まだまだ理解されていないところがあるのも事実で、

明確にどのくらいで完治できるのか心配している方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、うつ病を克服するために必要な期間に関して紹介していきたいと思います。

ここで紹介するのはあくまで目安ですので、参考程度に見ていただけたらと思います。 「うつ病を克服するために必要な期間とは?」の続きを読む…