勉強を習慣づけるのに大切な方法、心得とは?

人生の節目には必ずと言っていいほど「試験」があります。ふるいに落とされないために、誰もが勉強することを余儀なくされます。

「やらなきゃ」と思いつつもなかなか進まない勉強。これを習慣づけることができれば人生に素晴らしい変化が訪れるでしょう。

千里の道も一歩より。勉強は継続するからこそ効果があります。

今回は「勉強を習慣づける方法」特に「勉強の継続法」についてまとめてみました。

多くの方が「勉強の次の段階で高得点がある」と誤解しています。だからこそ勉強の効果ばかりに目が行ってしまい自滅してしまうのです。

高得点より前に、目指すべきものがあります。それは言うなれば、「勉強を続ける姿勢」なのです。

スポンサーリンク



勉強を習慣づけるのに大切な心得

勉強を続けるとは「自分を信じること」

YUKI86_syukudaiganbaru15150305_TP_V

勉強を始めるにあたり「自分は成長できる」と思えるか。ここで自分を信じれなければ勉強の効果は薄いでしょう。

あなたが知っている「勉強ができる人」を思い出してください。その方のテキストを見る目はきっとウキウキしているはずです。

やらされた勉強は身につきません。自分の成長を信じることができないと勉強自体が「やらされる」ものになってしまいます。

「何時間も勉強したけどサッパリ、、、」という方は、もしかしたら自分に対してあまりにも早い見切りをつけているせいかもしれません。

まずは、今取り組んでいる勉強を続けた未来を想像してください。受験突破、資格取得、なんでも構いません。そして「その未来を自分は掴みつつある」と確信しましょう。

これだけでも机に向かう自分が能動的に変わります。それはつまり「自らやる」勉強というスタンスを獲得できるのです。

ぜひ自分を信じてください。目標を持ったあなたには、自分を信じる資格が十分にあります。ただし、「どうせ今さらやっても、、、」は禁句です。

やる気が出ないときの対処法

「それでもなかなかやる気が出ない」というときはどうすればいいか。

「勉強ができない」以前に「勉強がやれない」。経験がある方もきっと多いことでしょう。「机に向かえない症候群」とでも言いましょうか。

そんな場合には「行動の継続」として勉強を見つめてください。勉強とは知識が増えることだけを指すのではなく「勉強という名の行動の継続」も含むのです。

要するに、「やる気が出なくても、行動は続けましょう」ということです。

人間の心は思ったほど一貫性がないものです。勉強がやりたくないときもあって当然です。

それでも自分で勝手に結論を出してはいけません。「自分はダメな人間だ」などと決めてしまったら勉強はやれません。

勉強ができる人は行動する大切さを知っています。「やる気が出ないが机に座る」という矛盾を受け入れます。それは矛盾などではなく本来勉強とはそういうものなのです。

ちなみに、やる気が毎日続かなくても問題ありません。一日一回だけ「さあ、やるぞ!」と思うことが大切です。なぜなら、一念発起を何回もすることこそ継続になるからです

勉強の本質とは「行動を続けること」に他なりません。

五分であってもやるべき

150415222377_TP_V

「そうは言っても五分しかできない」という方のためにアドバイスです。

五分で十分です。五分でも実行してください。

前述したように、勉強の成果とは行動の継続から生まれます。たしかに五分だけを続けても試験には通りません。しかしその五分という小さな一歩こそ明日からの継続のために必要なのです。

苦しくても切なくても一日一歩でも半歩でもとにかく前進することです。

行動を続けていくうちに行動自体がレベルアップします。五分を続けることができた人間が10分、30分、1時間の継続を実現するのです。

最悪なのは一分もしないことです。進まなければ永遠にそのままです。少しずつでも進めればいつかは目的地にたどり着けます。

あなたの五分の勉強時間はいずれ黄金を生むことでしょう。

スポンサーリンク




難しいテキストは後回し

幸いにも勉強に取りかかれた。しかしここで注意しなければならないこと、

それは、「難しいテキストから始めない」ということです。

最初は、簡単に続けられるテキストから入りましょう。

あまりに背伸びしたら振り出しに戻ってしまいます。小学生がまずやるのは「足し算・引き算」であって「微分・積分」ではありません。

どんなに難しいテキストを開こうが続かなくては意味はありません。あなたが「これなら続けられる」と思えるテキストこそがあなたに適したテキストなのです。

しかし、あまりに簡単すぎるのもそれはそれで考えものです。できて当たり前のテキストでは気持ちが燃えません。

テキストの難易度は「正解:誤り」が「6:4」くらいがベストでしょう。続けられて、かつ自分の向上にもなる。それが理想的なテキストです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「勉強が趣味」という方は少数派です。多くの方が自分の目標に向かって「苦しんで」勉強を始めます。

勉強は趣味にはなりにくい。でも、勉強することを「当たり前にする」ことは可能です。

勉強することを当たり前にできれば、越えられない壁はありません。

今回は「勉強を習慣づける」テーマで勉強の継続について書きました。この記事を参考に多くの方の勉強に「革命」が起きますように!

キーワードは「行動の継続」です。その先にきっと希望に満ちた生活があなたを待っています。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す